☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年(※2008年)も立会い日を2日残すだけとなり、
まもなく歴史的な年は終わります。
来年こそ、再生の年であってもらいたいものです。

ところで銘柄選択する際に、
経営者の資質やビジョンなどに注目すべき
という主張がよくなされます。
ただ、個人投資家にとって、
経営者情報の収集が効率的に行えないことや、
また、情報を入手しても真偽を確かめることが
難しいなどの問題点があります。

ところが、先日の日本経済新聞(12月25日)に
掲載されたスズキの鈴木会長のインタビュー
記事は、経営者の実像そのものであり、また、
投資家にとって大変示唆に富んだ内容でした。
特に、注目すべき項目を以下まとめてみると、

 1.日本の自動車業界はビッグ3に集約される
   かもしれない
 2.外部にコストダウンを求める前に、
   内なるコストダウンを早急にやるべき
 3.若者のクルマ離れなどで自動車産業は
   構造不況に陥る恐れがある

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
まず、1の項目ですが、確かに日本の
自動車メーカーは欧米に比べて数が大変多く、
今後、淘汰集約されるのは間違いないでしょう。
また、自動車メーカーのみならず、社数が多い
電機メーカーなども同様に淘汰集約が起こる筈です。
歴史的な業界再編成の中で、
株価も大きな影響を受けことが予想されます。

次に2の項目ですが、安易な値上げや下請け
などに値引きを無理強いする前に、
自身のコストダウンを直ちにやるべきというは
正当な主張です。
銘柄選択する際にもこの辺りの経営施策を
チェックしてみたらいかがでしょうか。

次に3の項目ですが、
自動車産業は世界同時不況の影響だけでなく、
もっと根本的な問題で既に構造不況に陥っている
と思われます。
自動車の保有コストは高く、最近はレンタカーや
リースの利用者が増えているのは合理的な行動
だと思えるからです。
これを映して、自動車株急落の一方で、
自動車リース株は堅調です。
イチネンHD(9619)など妙味がありそうですが・・・

それでは、良いお年を!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト