FC2ブログ

日経225銘柄に手を出さない!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

ソニーの今期営業損益が2,500億円の赤字になる
とのことです(※2009年1月25日現在)。
今期の業績悪は致し方ないとしても、
今後の戦略についてソニーらしいところが殆ど見えず、
ソニーの時代は終わったと言っても過言ではないかも
しれません。
長期投資家に最も恩恵を与え続けたソニーの凋落は、
長期投資そのもののあり方を問いかけているのかも
しれません。

一方で、長期投資が全てを解決すると主張している
独立系の投信会社が増えています。
その主張の是非はともかく、高度成長が終わり、
安定成長期に入った先進国の株価をみると、
大勢的に右上がりになっていないのは事実です。
東京市場を見ても、90年のバブル崩壊以降は、
安値7,000円~高値20,000円強のボックス圏の相場が
20年近く続いています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
HPをリニューアルしました!↓
http://value-search.co.jp/
=======================================
そして、先週末の日経平均は7,745円であり、
ボックス圏の下限に近づいています。
現在の日経平均銘柄の平均PERは16倍強ですが、
今後も業績の下方修正が予想され、PERは更に高くなり、
欧米の10倍前後と比べてかなり割高だということで、
市場では当面は2番底を模索する動きになるとの
弱気の見方が増えています。

指数の割高割安を判断する要素はPERだけでなく、
PBRやPCFRなどもありますので、
日経平均について必要以上に悲観することもないのですが、
確かに強気になる材料も現在は見当たりません。
今後期末に向けて、機関投資家やヘッジファンドが
日経225先物に大量のヘッジ売りを入れてくる
可能性もあり、
また、日経225銘柄は円高の影響を受けやすい
ハイテク株や金融株の比率が大きいのも
気になるところです。

このよう環境の中での対処法ですが、
日経225先物の影響を受け易い日経225銘柄を
避ける
のもひとつの方法だと思います。
日経225銘柄以外にも魅力的な銘柄はいくらでも
あります。
そして、当面は日経平均云々という発想自体を
止めた方がよいかもしれません。
日経平均の動きに惑わされて、チャンスを逃すことに
なりかねないからです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース