FC2ブログ

☆枯れきった相場に火がつくのか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

米国ではオバマ新政権がスタートしました。
世界中はオバマ大統領の一挙手一党足に
注目していますが、彼を株に例えれば、
グロース株ということになるのでしょうか。

グロース株は業績が良いことを前提に
株価が形成されていますので、
良いニュースに反応が薄く
反対に悪いニュースに大幅下落する傾向が
あります。
オバマ大統領への期待値は非常に大きいだけに、
多少の悪材料でも人気が大幅下落するリスクが
あるということです。
ただ、NY市場はその辺を十分意識した冷静な
動きになっていますので、
現時点では過度の心配は無用とは思いますが・・・。

ところで、全米不動産協会が3日に発表した
昨年12月(※2009年)の中古住宅仮契約指数は87.7と
なり、前月比6.3%上昇しました。
上昇は4カ月ぶりであり、
前年同月比でも2.1%上昇しました。
同じ日に米新車販売台数が発表となりましたが、
こちらは前年同月比37.1%減と27年ぶりの
低水準という厳しい結果でした。

◆バリューサーチ投資顧問
「投資助言サービス」<銘柄紹介型>で、2008年に推奨した
全銘柄のパフォーマンスです。こちら↓
http://value-search.co.jp/performance.htm
=======================================
この2つの好悪材料に対する東京市場の反応は
興味深いものでした。
中古住宅仮契約指数は中古住宅販売の
先行きを表すとは言え、
多くが大幅に値引きされた差し押さえ物件であり、
通常の住宅取引は引き続き冷え込んだままです。
それにも拘わらず、この日の東京市場は
米国景気に明るい兆しが見えたと、
自動車など景気敏感株を買う展開となりました。
厳しい新車販売台数の数値は無視された恰好に
なりました。

この相場の反応は一体何を表しているのでしょうか。
多分、現在の相場は悪材料のオンパレードに
嫌気をさし、
喉から手が出るほど好材料を待望しているのだと
思います。
悪材料にあまり反応せず、
好材料に敏感に反応する相場になったと
いうことです。従って、多少でも明るい材料が出れば、
枯れきった相場に火がつく可能性があります。
いつまでも悲観ばかりしていると、
千載一遇のチャンスを逃すというになるのかも
しれません。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース