☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨日の東京市場において、
TOPIXがバブル崩壊後の安値を25年ぶりに
更新しました(※2009年2月21日現在)。
その大きな要因は継続的な外国人売りであり、
昨年の9月以降、毎月売り越しており、
直近までの売越額は約4兆7000億円
なっています。
その背景は、ヘッジファンドの解約売りですが、
輸出依存型の日本企業の脆弱な体質に対する
落胆や、
混迷が続いている日本政治への失望などが
あると思われます。

一方で、この間に公的年金
4兆円以上を買い越しています。
最近は日経平均7,500円前後で株価を支える
という状態が続いていましたが、
今週はその7,500円の節を切って終わりました。
政策的に株価を維持するのは自ずと限界が
あるということでしょう。
来週以降、昨年10月の最安値を伺う動きが
予想されますが、この際は、
早く二番底を付けた方が底打ち感が出るかも
しれません。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型>1年間   運用金額 1,000万 3,000万 5,000万円 
顧問料は格安、成功報酬は一切ありません。
1年間で堅実な成果を積み上げてみませんか
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。お申込はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_full_entr.htm
=======================================
また、個別銘柄で見ると、
外国人持株比率が特に高い銘柄、例えば、
6758ソニー(外国人持株比率48.0%)、
4452花王(同47.6%)、9831ヤマダ電機(同56.7%)
8591オリックス(同57.6%)等が
安値を更新しています。
市場では安値更新の理由を色々と言われて
いますが、
最大の理由は外国人の凄まじい売りを浴びている
ということです。

つい最近までは、外国人持株比率が高い銘柄が
有望銘柄とされていましたが、
今や全く逆の見方になっています。
いずれ外国人売りの転機が来ると思われますが、
日本株の外国人持株比率30%前後と高いだけに、
しばらくは不透明な状態が続くと見た方がよい
でしょう。

このような環境の中では、
やはり外国人持株比率の高い銘柄には
手を出さないことだと思います。
最近、比較的値持ちが良い銘柄は
外国人持株比率が小さいものが多いのです。
従って、銘柄選択する際には、
四季報でチェックしてみたらいかがでしょうか。
特に30%以上の銘柄については要注意です。
因みに9605東映は外国人持株比率9.8%です。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト