☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日経平均は3月10日の安値から4月(※2009年)の高値まで
30%程度上昇しましたが、その大きな要因は
空売り筋の買戻しと見られています。
特に経営環境が厳しい自動車や電気機器の中には大量の
空売り残を抱えている銘柄が多く、今回の上昇の引き金
なりました。

一時は売りでうまく儲けていた投資家が多かったせいか、
当社にも売りの極意について知りたいという質問がよく来て
いました。その時には、売りの極意などありませんし、
売りは買いよりも何倍も難しいです、と答えています。

その理由は、買いならば最悪でも投資金額がゼロで終ります
が、売りの場合の損失額は無限大だからです。
経験が長い投資家でもこのリスクを十分理解している故に、
売りで大きく儲けることはなかなかできにくいものなのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
そもそも株価は時間をかけてより妥当な値段に収斂される
とは言え、常に理論どおりに動くものではありません。
良い材料が出れば必要以上に買われ、悪い材料が出れば
必要以上に売られこともたびたびです。かと思えば、
最近のように悪い数字が出ても、出尽くし感から一転買い物に
なることもあるし、反対に予想通りの良い数字で出ても、
売られるケースも結構あります。ディフェンシブ銘柄などが
その典型です。株価は一筋縄ではいかないものなのです。

長らく東京市場はNY市場の写真相場のようになっていますが、
そのNY市場でも未だ大量の空売り残を抱えているそうです。
また、最近の相場(※2009年5月現在)は悪材料に対する
反応の仕方が以前とかなり違ってきています。明らかに、
売り方優位の相場から買い方優位の相場に転換したと
思われます。

連休明けまで相場は動かないという見方が多くありますが、
経験則から言えば、決してそんなことはありません。
連休中は意外に個人投資家にとって妙味ある相場になる
可能性があります。
特に材料株、太陽光発電関連のダイヘン(6622)など
要注目です。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク