☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

ある株式投資の初心者向けサイトを覗いてみたところ、
銘柄選びのポイントは
「業績」、「PER」そして「成長性」の3つ
と記してありました。無論、間違いではありませんが、
答えとしては不十分です。
銘柄選びの際のチェック項目としては、

 1.業績面(今期予想および中長期の成長性)
 2.財務面
 3.割安度
 4.テーマ性や材料性、人気度(出来高など)
 5.テクニカル面 
 6.需給面 
 7.レーティング
など多岐に亘ります。

銘柄選びは、これらの項目を総合的に判断して行う
のが基本であり、これはプロのファンドマネージャーで
あろうと、初心者であろうと同じです。
プロの場合は、これらの項目に対する調査の質や量が
違うだけで、初心者だからチェック項目が少しでよいと
いうことでは決してないのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
成功報酬型> ”渾身の1銘柄”ご推奨。
3ヶ月間で10%値上がりした場合、成功報酬は10,000円です。
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================
ただ、これらの項目について、同じような比重で考える
必要は全くありません。大切なことは
投資スタンスやその時の投資環境によって、
どの項目を重視するか
をしっかり決めることです。
中長期の投資家ならば、主に1、2、3の項目を重視する
でしょうし、
デイトレ短期投資家ならば、4、5、6の項目を重視する
筈です。

また、投資環境面から見てみると、年初は米国で
グリーン・ニューディール政策を掲げたオバマ政権が
スタートしたことで、
「テーマ性や材料性、人気度」が重視される相場でした。
当時は信用不安が根強く、「財務面」も無視できません
でした。
その後、景気回復期待から買われた銘柄は、
自動車やハイテク等「需給面」重視の好取組銘柄でした。

問題は今後ですが、「業績面」や「財務面」に透明性が
出てきた現在、
「割安度」も重視する相場になってくるように思います。
その証拠に、昨年来殆んど聞かれなかった
低PER銘柄低PBR銘柄という言葉が、最近たびたび
聞かれようになりました。
銘柄選びの環境が変化してきているようです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト