FC2ブログ

GSユアサの判断のポイントは?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

解散総選挙が具体的なスケジュールに上がってきました。
先日、与党を辞めたある政治家が、
「自民に不満、民主に不安」と言っていましたが、
まさに言い得て妙です。
次回の総選挙では、国民は不満を我慢するのか、または
不安に耐えるのか、厳しい選択を迫られそうです。
ただ政治への期待が小さいだけに、どんな結果になろうとも
株式市場への影響が軽微なのがせめてもの救いでしょうか。

ところで、最近はGSユアサ(6674)はどうですかという
質問が増えています(※2009年6月27日現在)。
環境エネルギー関連のシンボル銘柄として多くの投資家の
関心を集めてきただけに、現在の株価の乱高下が大いに
気になるようです。

PERで180倍まで買われたからもう割高だとか、業績に寄与
するのは簡単ではないから、この相場も最終局面と見ている
向きも多いようです。ただ、そもそもこの銘柄は
割安度や業績などのファンダメンタルズで買われたわけでは
ありませんので、この銘柄に限って言えば、このような見方は
あまり意味がないでしょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型>6ヶ月 または 1年間
運用金額 1,000万 3,000万 5,000万円 
顧問料は格安、成功報酬は一切ありません。
銘柄、株数、売買タイミングまで具体的にご指示します。
※上記以外の運用金額でもご相談ください。お客様ひとりひとりに
カスタマイズしたポートフォリオの構築を行っております。
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================
この銘柄が終わりになるのか、それとも更に高値を取っていく
のかのポイントは2つです。
「人気」「信用取組」です。
妙な言い方ですが、
下がれば買えなない、上がれば買えるということになりそうです。
なぜならば、
下がれば人気は離散、売り方の買戻しも入って信用取組も悪化
するからであり、一方で
上がれば個人投資家やディーラーなどが参戦して人気が回復、
そして売り方を締めつけることになるからです。
ただ「人気」については予想ができませんので、GSユアサの
質問への答えは「わかりません」です。

因みに、「環境エネルギー」というテーマは簡単には終らない
でしょう。CO2の削減などは地球規模のテーマであり、
18世紀の産業革命以来の歴史的なテーマであり、
更にこのテーマを強力に推進しているのが米国だからです。
GSユアサやその周辺の銘柄の動きは相場全体に与える
影響が大きいだけに、その動きが来週も注目されます。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース