FC2ブログ

☆宇部興産のPERは今期40倍、来期12倍?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日経平均は1万円大台に乗りましたが、その後は1万円割れの
水準でのもみ合いになっています(※2009年7月5日現在)。
更に上まで買い上がるには材料不足という声が聞かれますが、
その根拠のひとつが
日経平均のPERが41倍であり、既に十分割高だという見方です。
確かに41倍というのは過去の例から見ても割高な水準です。

ただ、日経225採用銘柄の今期の業績を分析してみると、
上期は厳しく、下期に回復、通期でどうにか黒字という内容が
殆んどです。特に日経平均への寄与度が高い大所はその傾向が
顕著です。
従って、世界の景気回復がシナリオどおりならば、来期の利益に
ついては今期下期の2倍になると考えることもできるのではない
でしょうか。

無論、上期と下期の利益計上が必ずしも同一ではありませんので、
単純に2倍にするというのはアバウトな話ですが、あくまでも
ひとつの目安です。

◆バリューサーチ投資顧問が活用する8つの割安指標のひとつ、
「PER」の用語解説はこちら↓
http://value-search.co.jp/description.htm
=======================================
そこで、
今期予想PERが日経平均とほぼ同様の40倍の宇部興産(4208)
を例に取ってみましょう。当銘柄は、
今期の上期利益は40億円の赤字、通期で70億円の黒字ですから、
下期利益は115億円ということになります。
この下期利益を2倍にすると来期の利益は230億円ということになり、
今期の利益の3.3倍(=230億円÷70億円)となります。
従って、来期PERは何と12倍台まで一気に低下します。

問題は、今期業績が会社予想どおりになるのかということです。
まもなく、第1四半期業績が明らかになりますが、その数字が
会社予想の達成が可能と確信を持たせる数字なのか、
それとも厳しいと感じさせる数字なのか、そこが大きなポイントです。
その結果次第では買われる銘柄、売られる銘柄の選別が顕著に
なると見ています。また数字だけでなく、各社の経営環境についても
決算短信の定性情報でしっかりチェックすることも大切です。

これらの情報を小まめにチェックしている投資家がアドバンテージ
を得られる月になるはずです。

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース