☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

先週(※2009年7月26日現在)の東京市場はNY市場の
上昇を背景に、日経平均で5.84%の上昇となりました。
6月12日に今年の高値を付けましたが、その後主力株
中心に9,000円近くまで急落、先週の上昇で6月12日の
高値に比べて、-1.89%の水準まで戻ってきています。
ところが、個別に代表的な主力株の動きを見てみると、
必ずしもそうではないのです。
以下、直近の各高値(5月または6月)から7月24日の
株価変化率を見たものです。

1812鹿島    -17.13%   4005住友化学  -1.54%
4063信越化学-5.18%    5401 新日鉄   -11.06%
6301コマツ  -5.61%    6502東芝     -4.65%
6758ソニー  -15.36%    6954ファナック  -6.02%
7203トヨタ自 -8.09%     8031三井物産  -10.47%
8306三菱UFJ -21.32%   8604野村HD   -14.88%
8802三菱地所 -14.27%  9104商船三井  -15.63%
9983ファーストリテイリング -8.05%

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================   
以上のように、日経平均に比べて代表的な主力株は
かなり出遅れていることが見て取れます。
特に銀行株の低迷ぶりは際立っており、他にも
証券、不動産、海運、建設などは厳しい状況になっています。
その要因については、
 1. 大量ファイナンスが市場で嫌気されたこと、また、その
   可能性がある銘柄が避けられていること
 2. まもなく発表になる第1四半期業績を見たいということ
 3. 直近高値から未だ日柄整理が完了していないこと
 4. 市場エネルギーが不足していること

などだと思います。従って、最近の日経平均を押し上げて
いるのは、主力株以外の銘柄、比較的値動きの良い
材料株などです。ただ、日経平均が10,000円台を固め、
更に12,000~13,000円を目指すには何と言っても主力株
力強く上昇することが不可欠です。そのためには、
大量ファイナンスが一段落することも必要ですが、
主力株の第1四半期業績予想通りか、またはそれ以上
であることが最低条件です。今週から第1四半期業績の発表
が始まりますが、その内容が大いに注目されるところです。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト