FC2ブログ

みっともないことはしたくないはず!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

第1四半期業績の発表がほぼ終りました
(※2009年8月15日現在)。
業績が予想通り進捗しているところはともかく、
業績修正を行った企業も多くありました。
そして、業績予想の修正についても以下のように、
いくつかのパターンがありました。

ケース1.業績好調で、中間期および通期とも上方修正した
ケース2.業績好調で、中間期を上方修正したが、通期は据え置いた
ケース3.業績悪化で、中間期および通期とも下方修正した
ケース4.業績悪化で、中間期を下方修正したが、通期は据え置いた

これらの中で、一番良いのは「ケース1」トヨタ、東京エレク等)
だと思います。この段階で通期予想を上方修正したと
いうことは、それなりに自信があるということです。そして、
先々一転して下方修正するというみっともないことは
したくないので、かなり慎重な数値を出しているはずです。
従って、今後は更に上方修正の余地があるということです。
但し、株価は業績を好感して既に上昇しているケースが多いので、
静かに押し目を待つのがよいでしょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型> 6ヶ月 または 1年 
運用金額  1,000万  3,000万  5,000万円 
売買を具体的にフルサポート!多忙な方や初心者でも安心です。
顧問料は格安、成功報酬は一切ありません。
サービスのご提供は電子メールで行います。ご案内はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================
業績悪化で、中間期予想および通期予想とも下方修正した
「ケース3」(日本郵船、ニコン等)の場合は、下方修正を
何回も重ねる恥はかきたくないので、常識的にはかなり
保守的な修正額になっているはずです。そして、
もし今期で底打ちし、来期以降に回復ということが見えて
くれば買いの対象になると思われます。

一番手を出しにくいのは、「ケース4」でしょう。中間期予想を
下方修正したが、通期予想は据え置いたのは、いずれ
下方修正するが、現時点では通期予想を出しにくいということ
です。会社自身がわからないことを投資家が判断するのは
難しいでしょうから、やはり投資の対象にはなりにくい銘柄
と言えます。

今回の決算内容をよく吟味して、機関投資家や投資信託が
銘柄を絞ってくるはずです。以上のことを念頭において
銘柄選びをしてみたらいかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース