FC2ブログ

9月は「新型インフルエンザ」相場か?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

第1四半期決算の発表が終わりました(※2009年8月29日現在)。
その内容を見て、市場にひとまず安心感が拡がりましたが、
やはりもう少し様子を見たいという気分が強いようです。
7-9月期まで見れば、おおよそ今期の状況が掴めると
考えている機関投資家も多いようです。

このような環境の中、外国人の先物取引に振り回されている
相場が続いています。ただ、外国人買いが一服した時には、
材料株相場になる可能性が高いと思われます。現状では
国内に買いセクターがいないからです。テーマ的には冬に
向かって深刻化する可能性がある「新型インフルエンザ」
なりそうです。そこで、その関連銘柄をざっと見回してみると
以下のとおりです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
1.マスク素材(3107ダイワボウ、3109シキボウ、8113ユニチャームなど)
2.検査薬(4544みらかHD、6869シスメックスなど)
3.ワクチン(4061電気化学、4403日油など)
4.抗ウィルス剤(4519中外製薬、4568第一三共など)
5.医薬機器(6701 NEC、6849日本光電など)
6.殺菌、消毒関係(6328荏原実業、4912ライオンなど)

以上は東証1部の代表的な銘柄ですが、これ以外にも
関連銘柄もかなりあります。そして、その際の銘柄選び
ですが、業績面で即効的なインパクトがあることが理想です。
ただ、現実にはそのような材料株はほとんどありませんし、
また、材料株はファンダメンタルズ(業績や割安度など)が
それほど重視されるわけでもありません。むしろ、個人が
中心の銘柄ですので、信用残高など需給面が重要な要素
となります。
従って、株価の上昇に伴って、売り残が増えてくる銘柄
などが狙い目です。そして、人気という要素も大切です。

日経平均が戻り高値を更新している相場ですが、
個別銘柄ではなかなか儲けにくい環境でもあります。
インフルエンザ関連銘柄が物色されるのは決して良いこと
ではありませんが、個人投資家にとっては大きなチャンス
になるかもしれません。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース