☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

第1四半期決算の発表が終わりました(※2009年8月29日現在)。
その内容を見て、市場にひとまず安心感が拡がりましたが、
やはりもう少し様子を見たいという気分が強いようです。
7-9月期まで見れば、おおよそ今期の状況が掴めると
考えている機関投資家も多いようです。

このような環境の中、外国人の先物取引に振り回されている
相場が続いています。ただ、外国人買いが一服した時には、
材料株相場になる可能性が高いと思われます。現状では
国内に買いセクターがいないからです。テーマ的には冬に
向かって深刻化する可能性がある「新型インフルエンザ」
なりそうです。そこで、その関連銘柄をざっと見回してみると
以下のとおりです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
1.マスク素材(3107ダイワボウ、3109シキボウ、8113ユニチャームなど)
2.検査薬(4544みらかHD、6869シスメックスなど)
3.ワクチン(4061電気化学、4403日油など)
4.抗ウィルス剤(4519中外製薬、4568第一三共など)
5.医薬機器(6701 NEC、6849日本光電など)
6.殺菌、消毒関係(6328荏原実業、4912ライオンなど)

以上は東証1部の代表的な銘柄ですが、これ以外にも
関連銘柄もかなりあります。そして、その際の銘柄選び
ですが、業績面で即効的なインパクトがあることが理想です。
ただ、現実にはそのような材料株はほとんどありませんし、
また、材料株はファンダメンタルズ(業績や割安度など)が
それほど重視されるわけでもありません。むしろ、個人が
中心の銘柄ですので、信用残高など需給面が重要な要素
となります。
従って、株価の上昇に伴って、売り残が増えてくる銘柄
などが狙い目です。そして、人気という要素も大切です。

日経平均が戻り高値を更新している相場ですが、
個別銘柄ではなかなか儲けにくい環境でもあります。
インフルエンザ関連銘柄が物色されるのは決して良いこと
ではありませんが、個人投資家にとっては大きなチャンス
になるかもしれません。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト