FC2ブログ

見えない数字よりも悪い数字の方がまし!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

東証1部に「加藤製作所(6390)」というトラッククレーンの
大手があります。今期の業績は経常益25.5%減ですが、
PER10.1倍、PBR0.45倍、そして、配当利回り3.11%と
誰が見ても大幅割安です。また、自己資本比率は42.6%、
借入金もさほど大きくなく、財務面も全く問題がありません
しかし、株価は200円台前半で低迷しており、
動意づく気配さえありません(※2009年9月3日現在)。
なぜなのでしょうか。

そこで、同社の第1四半期の決算短信をチェックしてみました。
それによると「中国で油圧ショベルの販売環境に明るさが
見えるが、それ以外の地域や国内においては、需要は未だ
好転せず、予想を大きく下回る厳しい状況」であるが、
「ここを底に徐々に上向くものと推測する」。ただ、
「先行きは極めて不透明な状況が続いている」ので、
通期業績は修正しないというのです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型>毎週明けに「ズバリ!2銘柄」配信。FAXもOK。 
3ヶ月 18,900円  
6ヶ月 31,500円
・・・△6,300円分割安。  
1年  52,500円・・・△23,100円分割安。詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
上昇率はこちら↓
http://value-search.co.jp/
======================================= 
「第1四半期を底に徐々に上向く」と言いながら、一方で
「先行きは極めて不透明な状況が続いている」と反対のことを
言っています。正直、矛盾を感じざるを得ないのですが、
株価が反応しないのは、市場が「第1四半期を底に徐々に上向く」
という会社のコメントを信用していないからでしょう。
もし、信用しているならば、株価は業績の底打ちを好感して
大きく反応するはずだからです。

実際のところは、まだまだ「先行きは極めて不透明」な状態
であり、間違いなく、市場は通期業績が下方修正されると
読んでいる
のです。そして、どの程度まで下方修正されるかが
見えないので、どんなに割安でも手を出せないというところでしょう。
このような銘柄は早く下方修正されて、業績面に透明感
出てくれば、結果的には株価の回復は早いはずです。
下方修正の直後は一旦売られるかもしれませんが、
そのタイミングが買いチャンスになると思われます。

投資の世界では、
どんなに悪い数字でも見えない数字よりはまし
だということです。

それでは、また次回!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース