FC2ブログ

出遅れの内需株に動きが出るのか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今年(※2009年)に入ってからの業種別の騰落率を見てみると、
相場の大きな流れが一目瞭然とわかります。
まず、上昇率の高い上位5業種をピックアップしてみると、
  1.自動車・輸送機 +51.31%
  2.電機・精密     +35.19%
  3.商社・卸売     +33.77%
  4・鉄鋼・非鉄    +32.80%
  5・機械        +31.99%

次に下落率の高い上位5業種は以下のとおりです。
  1.電力・ガス    -18.40%
  2.運輸・物流   -5.59%
  3.医薬品      -5.47%
  4.小売       -5.21%
  5.情報通信・サービス -4.54%  


以上のように、
輸出関連株を中心に景気敏感株軒並み大幅上昇し、
一方で、内需株やディフェンシブ株低迷が目立ちます
(※2009年9月5日現在)。
内容を比較して興味深いのは、上昇率上位業種は総じて
今期決算が厳しく、赤字予想の会社もかなりありますが、
下落率上位業種は比較的業績が安定しており、また、
上昇率上位業種と比べて割安の銘柄が多いということです。
それにも拘らず、内需株やディフェンシブ株に振り向きもせず、
景気敏感株が買われるのはなぜでしょうか。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社の
「割安株投資の基本的な考え方」 はこちら↓
http://value-search.co.jp/employment-unyou.htm
=======================================
その理由は、まず、第一に外国人主導の相場であり、
その外国人は
「日本経済は輸出企業で成り立っており、今後の
少子・高齢化時代の中で内需株は基本的に将来性が乏しい
という基本的な認識があるからだと思います。
第二に、相場の先見性であり、今後業績の伸びが期待できない
銘柄よりも底打ちから回復を期待できる銘柄の方が魅力的と
市場が読んでいるのでしょう。

この度の民主党政権の誕生に伴い、子育てや教育支援、
農家への支援、また高速道路料金の無料化
などが実施される
予定ですが、これらの所得増加政策が内需株の見直しのきっかけ
になるか大いに注目されるところです。
そのためには外国人投資家の売買手口もよく見ておく必要が
あります。もし、出遅れている内需株に動きが出れば、
個人投資家にとって比較的リスクが小さく、効率的な投資になる
可能性が高いと思われます。

それでは、次回まで!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html



スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース