☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

25日(※2009年9月)、野村HD(8604)が10月に
最大5,000億円の増資を行うと発表しました。
3月に2,800億円の公募増資を実施したばかりですので、
市場にとって強烈なマイナスサプライズとなりました。そして、
今後同社に追随する企業が続々出てくるのではないかという
懸念から幅広い銘柄が売られる結果となりました。

今回の増資は海外の事業基盤や財務基盤の強化が目的と
いうことですが、当社は前期に7,000億円強の最終赤字を計上
していますので、2回の増資でこの損失分を埋め合わせる
になりました。損失が出れば、増資で埋め合わせればよい
などと安易に考えてはいないとは思いますが、たびたびの
大量公募増資は既存株主にすればたまったものではありません。
金融危機のたびに大損を出す体質の見直しこそ先決のような
気がします。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
成功報酬型> 「渾身の1銘柄」をご紹介。詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================
ただ、もう一方で、今回の増資は「防御ではなく、攻撃である。」
という好意的な見方もあります。リーマンショックから1年、
先手を打って攻めに転じることを評価すべきということです。
増資で株式が30%は希薄化するというマイナス面はありますが、
それよりも
グローバルベースで儲けられる体制を構築するというプラス面
を見ようということでしょう。

今回の増資は、厳しい台所事情からなりふり構わっていられ
ないということなのか、それとも将来を見通した前向きなもの
なのか、現時点では判断しにくいところです。ただ、30%の
株式希薄化については、理屈の上では株価が30%下がれば
織り込み済み
とも言えますので、もし2日連続でストップ安
(200円安)になれば、ひとまず株価は落ち着いてくるのでない
でしょうか。

そして、買収したリーマン・ブラザーズの海外部門から大きな
収益を上げられると確信が持てるならば、中長期的には
買いチャンスかもしれませんが・・・。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html



スポンサーサイト

スポンサーリンク