FC2ブログ

☆現実主義者亀井大臣に注目!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今週(※2009年10月3日現在)の東京市場は厳しい下落相場
となりましたが、主な要因は以下のようなことだと思います。

1.景気の息切れが懸念される中で、新政権による実効性の
ある景気対策が見えないこと
2.モラトリアム法案による金融機関への悪影響に対する懸念
3.円高進行による企業業績へのダメージに対する懸念
4.大量エクイティファイナンスによる需給悪化に対する懸念

以上のように、4の項目以外は多かれ少なかれ、新政権に
関わる材料なのです。
藤井財務相による「非介入スタンス」発言は円高進の一部要因
に過ぎませんが、最も懸念されるのは
景気対策や成長戦略の欠如だと思います。
新政権の政策次第では外国人が売り越しに転化する恐れもあり、
そうなれば外国人以外に買いセクターがいない東京市場にとって
ダメージは大きいと思われます。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
従って、現在の下落相場は新政権に対して追加的な景気対策を
促している相場とも言えます。前政権の予算を全面的に見直し、
マニフェストの実行に躍起になっている新政権ですが、
一部には景気の二番底への警戒感から
追加的な景気対策が不可欠と言い始めた人がいます。
その人こそ、まさに時の人、亀井郵政・金融相です。

ご承知のように、モラトリアム法案を推進している張本人であり、
現在の市場において最も警戒されている一人です。ただ彼は、
いい意味においても、悪い意味においても現実的な政治家であり、
まもなくモラトリアム法案もしかるべきところに落ち着かせる
思います。そうなれば、金融株も悪抜けすることになると見ています。

そして、亀井大臣の追加的な景気対策必要論が、新政権の
中で認知されていくのか、それともあえなくつぶされてしまうのか、
今後の相場を占う上でも大いに注目されるところです。
現在の市場が求めているものは、友愛精神などではなく、
危機を先見した現実的な対応力だからです。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース