☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今月14日(※2009年10月)にNY市場は約1年ぶりに
1万ドル大台を回復しましたが、その後は波乱含みの動きと
なっており、昨日は249ドルの急落となりました。
9月の個人消費支出がマイナスになったことがきっかけの
ようですが、ただこの数字は市場の予想通りですので、
何か違う要因があると考えた方がよさそうです。

さて、国内企業の中間業績発表が進んでいますが、
その内容はほぼ予想通りと言えましょう。
これらに対する市場の反応を見てみると、既に買われた
銘柄の中には、かなり良い数字であっても反応せず、また、
材料出尽くしから売られるものも結構あります。ただ、
これからの銘柄選びには増益銘柄を外してはあり得ない
のも事実です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
フルサポート型>6ヶ月 または 1年間  
運用金額 1,000万 3,000万 5,000万円 
こちら以上または以下の運用金額も歓迎です。ご相談下さい。
当社では、銘柄選択の際は企業にインタビューを行っております。
銘柄売買のご指示は電子メールで行います。お申込はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_full.htm
=======================================
ここで、基本的なことですが、業績をどの数字で捉えるかに
ついて触れたいと思います。
新聞などでは純利益ベースで増益減益を捉えている記事も
多いのですが、「純利益」には一過性の特別損益が含まれて
おり、必ずしも業績の実体を表しているとは言えません。また、
純粋な本業の利益である「営業利益」で見るべきとの意見も
ありますが、株価を決める要因には当然財務的な要素も
含まれますので、
営業利益に財務活動で発生した損益を加減した「経常利益」
で見るのが妥当だと思います。

さて、今回の中間業績で当初予想より増益になった銘柄に
ついて、その要因を分析してみると、その多くがリストラ効果です。
リストラ効果は決して評価に値しないわけではありませんが、
それだけが増益理由というのでは、買い銘柄としては
物足りません。

そこで、増益要因をリストラ効果だけではないと判断する
数字が「売上高」ということになります。
売上高についてはやや疎かにしがちですが、
細工しにくい数字だけに今のような時期は注目すべきだと
思います。
売上増銘柄については、その要因を調べてみれば
かなりのことまでわかる筈です。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト