FC2ブログ

信用の期日売りを狙う!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

8月時点で上場会社の通期業績は前期比9%減の予想でしたが、
ここに来て、 前期並みの利益が確保できる見通しになりました
(※2009年11月8日現在)。
額面どおりに受け取れば、大変良い材料のはずですが、
景気の二番底への不安なのでしょうか、市場はこの好材料を
素直に受け取らず、方向感のない低調な相場が続いています。

そして、現在のようにエネルギー不足で出来高の少ない時期は、
需給関係で株価が予想外の動きになることがあります。
そのひとつが信用取引の期日売りです。
全体的には8~9月に高値を付けた銘柄が多いのですが、
5~6月に高値を付けて、その後低迷している銘柄も結構あります。
これらの銘柄は今まさに信用期日が到来しており、
株価の圧迫要因になっています。

例えば5月高値銘柄では、
1803清水建設
(5月7日高値482円、11月6日終値344円、高値からの下落率29.6%)、
1812鹿島
(5月15日高値321円、11月6日終値210円、同下落率34.66%)、
5233太平洋セメント
(5月15日高値207円、11月6日終値109円、同下落率47.3%)
などがあります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
成功報酬型> 「渾身の1銘柄」をご紹介。詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================
これらの銘柄は、新政権による公共事業削減やCO2の25%削減
などの悪材に売られましたが、それに信用取引の期日売りが
追い討ちをかけ、お先真っ暗という状況です。
ただ、これらの銘柄を冷静に分析してみれば、大手のゼネコンなどの
業績はそんなに悪くないことに気付くはずです。そもそも大手ゼネコンに
おける最近の公共事業の比率はかなり低くなっており、また今後は
新興国関連銘柄でもあるのです。

株価はファンダメンタルズだけでなく、需給やムードで動くのは
致し方ないのですが、中長期投資ではファンダメンタルズに
大きな問題がなければ、
需給やムードで売られたら、そこが買いチャンスという発想も必要
だと思います。
中間決算もほぼ出揃いましたので、このような観点から銘柄を
探してみたらいかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース