FC2ブログ

PERに注目する相場になるのか?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日銀が追加の金融緩和策を決めたことや第2次補正予算が
まとまりそうなこと、また円高修正が起こったこと、そして
外国人投資家の大量のショートカバー(空売りの買戻し)が
入ったことなどから、今週の日経平均は10%近い大幅上昇と
なりました(※2009年12月6日現在)。
東京市場は上がっても下がっても外国人次第という状況は
変わらないようですが、相場の雰囲気は多少明るくなった
ようです。

そして、個別銘柄(東証1部)を見てみると、当然ながら
殆どの銘柄が上昇していますが、その内容はまちまちです。
底値圏から申し訳程度に陽線が立った銘柄もあれば、
一気に年初来の高値を更新した銘柄もあります。
高値更新銘柄の主なものは、
日東電工(6988)、船井電機(6839)、丸紅(8002)、
三菱商事(8058)、ユニ・チャーム(8113)などです。

そして、これらを含めて高値更新銘柄にはひとつの共通点が
あります。それは
丸紅(PER10.7倍)、三菱商事(同15.4倍)、日東電工(同17.5倍)
はじめPERが30倍以下だということです。
現在の平均PER(東証1部)は34.6倍ですので、これらは
相対的に割安銘柄と言えます。割安指標が市場で機能しない
状態が長く続いていますが、ここでやや変化の兆しが
見えてきたのかもしれません。

PERとは?
バリューサーチ投資顧問が活用する「8つの割安指標」
の1つがPERです。こちら↓
http://value-search.co.jp/employment-wari.htm
=======================================
一方で、PBRは平均1.17倍(東証1部)であり、1倍割れの
銘柄もかなりありますが、これらの銘柄が特に買われた
わけではありませんので、PERに限って有効性が見え始めた
ということかもしれません。もしそうならば、
景気や企業業績への不安が徐々に和らいできたという証左
でもあり、業績相場への移行の兆しでもあります。

成長性と割安度から銘柄を選ぶという本来のやり方が
通用する相場になれば、銘柄選択はかなり楽になり、
儲けるチャンスも拡がってくるはずです。
本格的にPERに注目する相場になるのか、しばらくは
個別銘柄の動きから目が離せないということでしょう。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース