☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

本日は年内最後のメルマガですので、今年(※2009年)の
東京市場を振り返ってみたいと思います。
今年は年初から下落で始まり、3月までに約20%下落しましたが、
3月を大底(日経平均7,021円)に8月末までは50%以上の
大幅上昇となりました。その後、新政権誕生を機に調整に入り、
15%以上の下落となりました。
そして、11月末から出直り基調となり、昨日(※12月25日)の
終値は10,494円、結果的には年間上昇率は18.5%となりました。

景気指標や為替相場に一喜一憂しながら、まさにジェット
コースターのような相場であり、年間の上昇率も先進国の中で
最も低く、大変難しい1年となりました。
そして、東京市場の主役である外国人投資家の買越額も1兆円
程度と小幅に止まりました(因みに2005年の買越額は10兆円強)。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
さて、来年(2010年)の相場ですが、デフレや景気二番底の懸念
から7,000円説という超弱気の見方もありますが、これは少数派に
なりつつあります。大方の見方は安値9,000円程度、
高値は12,000円~13,000円程度に集約されるようです。そして
来年のテーマについては、引き続き「環境」という意見が多く、
それ以外に特に目新しいものがないのが特徴です。

さて、過去を振り返ってみると、年が替わると従来と全く
違う銘柄が主役に躍り出ることが多くありました。
今年で言えば、大発会から人気を集めた東芝(6502)がまさに
その象徴であり、この東芝をリード役にハイテク株や自動車株
が大幅上昇し、今年の相場の流れを作りました。

従って、新年はどんな銘柄が主役になるのか、例えば、
出遅れている設備投資関連株が主役になるかもしれませんし、
また銀行株かもしれません。いずれれにせよ、新年の最初の
1週間で出来高を伴って上昇した株、最も目立った銘柄が
その年の主役になる可能性が高いのです。大いに注目されます。

それでは、1年間ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト

スポンサーリンク