☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

株式相場においては、下落局面でも銘柄選択がやり易い時期と、
下値不安があまりない局面にあっても銘柄選択が難しい時期と
があります。現在は典型的な後者ですが(※2010年1月30日現在)、
このような時期は、以下のような「急がば回れ」的な発想も必要
だと思います。

景気後退期は割安株ほど売られるという現象が起きます。
指標別に見ると特に低PER株や低PBR株が売られます。一方で
配当利回りは有効性が高く、無配株や低利回り株ほど売られ、
また、自己資本比率が低い銘柄も売られます。

その背景は業績や信用への不安感であり、割安指標の前提数値
対する不信感や一部の銘柄では倒産リスクが増大するからです。
まさに、この2年間程がこの時期でした。現在は景気が底打ちから
回復の兆しが見えつつあり、依然のように割安株ほど売られると
いう現象は落ち着きました。ただ、割安株が見直されるまでには
至っていないという状況です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
4種類の「投資助言サービス」の概要、料金の比較表、Q&A
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
そして、そのタイミングですが、現在は金融相場から業績相場
への移行期であり、もう少し業績相場の色彩が強くなってくれば、
割安株が注目される局面が必ず来ると見ています。そして、
殆んどの割安株が底打ちしているだけに中期狙いの投資家には
妙味があると思います。そこで、例えば以下の条件で銘柄を
探してみたらいかがでしょうか。

1.PBRが0.7倍以下
2.水準はともかく一応黒字を確保している
3.無配ではなく、かつ、自己資本比率は30%以上
4.東証1部銘柄に限定する


「割安株」とか、「バリュー株」とかいう言葉が聞かれなく
なって久しいですが、今や、2~3年先をみて、
2~3倍になる「つぶれない割安株」を探すチャンス
だということです。
そして、「急がば回れ」的な発想で投資すると意外に早く
動き出したりするものです。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト

スポンサーリンク