FC2ブログ

「急がば回れ」的な発想も必要!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

株式相場においては、下落局面でも銘柄選択がやり易い時期と、
下値不安があまりない局面にあっても銘柄選択が難しい時期と
があります。現在は典型的な後者ですが(※2010年1月30日現在)、
このような時期は、以下のような「急がば回れ」的な発想も必要
だと思います。

景気後退期は割安株ほど売られるという現象が起きます。
指標別に見ると特に低PER株や低PBR株が売られます。一方で
配当利回りは有効性が高く、無配株や低利回り株ほど売られ、
また、自己資本比率が低い銘柄も売られます。

その背景は業績や信用への不安感であり、割安指標の前提数値
対する不信感や一部の銘柄では倒産リスクが増大するからです。
まさに、この2年間程がこの時期でした。現在は景気が底打ちから
回復の兆しが見えつつあり、依然のように割安株ほど売られると
いう現象は落ち着きました。ただ、割安株が見直されるまでには
至っていないという状況です。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
4種類の「投資助言サービス」の概要、料金の比較表、Q&A
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================
そして、そのタイミングですが、現在は金融相場から業績相場
への移行期であり、もう少し業績相場の色彩が強くなってくれば、
割安株が注目される局面が必ず来ると見ています。そして、
殆んどの割安株が底打ちしているだけに中期狙いの投資家には
妙味があると思います。そこで、例えば以下の条件で銘柄を
探してみたらいかがでしょうか。

1.PBRが0.7倍以下
2.水準はともかく一応黒字を確保している
3.無配ではなく、かつ、自己資本比率は30%以上
4.東証1部銘柄に限定する


「割安株」とか、「バリュー株」とかいう言葉が聞かれなく
なって久しいですが、今や、2~3年先をみて、
2~3倍になる「つぶれない割安株」を探すチャンス
だということです。
そして、「急がば回れ」的な発想で投資すると意外に早く
動き出したりするものです。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース