☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今月15日(※2010年3月)に四季報が発行されました。
四季報は年4回発行されますが、今回分(3月15日発行)が
最も注目されていると言ってよいでしょう。
その理由は、来期(2011年3月期)の業績予想について
より現実的な数値が掲載されているからです。
既に市場の関心は来期業績に移っていますので、この数値には
多くの投資家が関心を持っている筈です。

ただ、4,000社近い上場会社を完璧にリサーチすることは
ほぼ不可能なことから、予想数値を100%鵜呑みにしない
がよいでしょう。会社によってはリサーチに対して正直に
回答するところもあれば、まだ不透明だからということで
回答に消極的な会社も多くあると思われ、この場合は
担当アナリストが鉛筆を舐めながら予想値を作ることに
なります。

特に判断の困るのは、会社四季報と会社情報の予想数値に
大きな差があるケースです。この場合は
当該会社のIR部署に確認してみるのがよいでしょう。
きちんとした会社ならば、それなりの回答はしてくれます。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る割安株を推奨。
当社では、銘柄選びの際、企業のIR部署に入念にインタビュー
行っております。
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 

いずれにせよ、完璧な数値ではありませんが、
来期業績に対する一定のイメージは掴むことはできます。
増益ならばどの程度の増益なのか?
反対に減益ならばどの程度の減益なのか?
それとも横ばいなのか?
この程度のトレンドはわかる思います。
そして、大幅増益予想銘柄の株価をチェックしてみると、
既に大幅上昇している銘柄が多いことに気づく筈です。
但し、まだまだ見逃されている銘柄も多数あります。

4月の下旬から5月にかけて、会社の今期業績と来期予想の
発表が行われますが、それまでの1ヶ月間が銘柄選びの
チャンスであり、面白い時期ということになります。
今期無配を決めた日立(6501)ですが、来期予想から
判断すると割安に見えますが、いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html



スポンサーサイト

スポンサーリンク