☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

昨日(※2010年3月26日)の日経平均は2ヶ月ぶりに昨年高値を更新、
新年度への期待が大いに盛り上がってきており、当面12,000円を
目指すという強気の見方が増えてきています。

ところで、現在の平均PBR(東証1部)は1.29倍ですが、0.5倍割れ
銘柄もまだ結構あります。それらの銘柄を調べてみると、
業績が悪くて長らく赤字が続いているとか、財務内容が極めて悪い
などの原因を抱えている銘柄が殆どです。ただ、業績もほどほど、
財務内容も問題ない
にも拘わらず、異常なPBRのまま放置されている
銘柄もあります。その一例が新明和工業(7224)です。 

同社はダンプトラックや塵芥車などの特装車が主力であり、
航空機部門や水処理などの環境部門にも進出しています。これらの
主力事業が公共事業減少の影響を受けるということが株価低迷の主な
原因だと思われます。ただ、国内だけを見るとその通りなのですが、
目を海外に向けてみると全く違う風景が見えてきます。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

特装車はインド(出資比率60%)や中国(同49%)の合弁会社で
順調に需要を拡大しており、国の広さを考えると今後が大いに
楽しみです。また、水処理事業も北米や中国などで明るさが見えて
きています。国内は厳しくとも海外に活路を見出している会社は
多くありますが、同社もそのひとつと言えます。

新明和工業の株価は既に動き始めていますが、同社のように
超低PBRで財務内容に問題ない銘柄は、少しでも業績面で明るさが
見えてくれば、一気に株価の水準訂正が起こるということでしょう。
同社の株価は345円(3月26日現在)、PBRは現在0.43倍ですが、
PBR0.7倍まで買えば560円PBR1倍まで買えば800円という数字が
出てきます。

当メルマガでも再三書いてきましたが、場環境が明るくなって
くれば、割安株の見直しが起こるはずであり、既にその動きが
本格化しつつあります。儲けやすい相場になってきたということです。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト