FC2ブログ

今こそ、冷静な対応を!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

世界の株価下落が収まる気配がありません。その背景に
ついては、株価急落局面で嬉々として後講釈を述べる
評論家に任せるとして、今日はここまで下がればもう
心配する必要はないというお話をしたいと思います。
まず、その理由は以下のとおりです。

1.今回の直接的な影響は欧州の銀行の損失拡大であり、
第2の金融危機を招くことだが、EU(欧州連合)による
緊急融資制度の創設、IMFによる金融支援、
ECB(欧州中央銀行)によるユーロ導入国の国債買い取り
などの安全網が整備され、金融危機が起きる可能性は
殆んどない


2.欧州の景気減速が生じたとしても、そもそも
ユーロ圏(IMF予想+1.0%)への期待は当初から大きく
なく、世界経済に与える影響は軽微であること。また、
ユーロ安はドイツなど域外輸出の多い国の景気には
プラスに働くことも要注目である。

3.日本の1-3月実質GDPは+4.9%、米国は2010年GDPを
+3.2~3.7%に上方修正している。中国始め新興国は
インフレ抑制の金融引き締めで目先は多少減速するかも
しれないが、中長期的には高い成長が期待できるという
基本は何ら変わらない。

4.わが国の今期の企業業績は好調である。業績の
前提である為替はドルはほぼ想定内(85~90円)の動き
であり、ユーロ安は想定外かもしれないが、欧州市場の
シェアが高い一部企業を除けば、過剰に心配する必要は
ない。また、バリュエーション(割安度)から見ても、
東証1部平均でPERは17倍台、PBRは1.1倍であり、
株価の下支えになるはずである。

以上のような理由で、ここからは狼狽する必要はない
と思います。今回の下げを主導しているのは一部の
ヘッジファンドと思われ、第2のリーマンショックに
怯える投資家を巻き込んでいるのでしょう。
今こそ、冷静な対応が求められています。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース