☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

決算発表が終りました(※2010年5月29日現在)。
これを受けて、市場の反応もまちまちでしたが、
株価の反応が良かった順に並べてみると、

 1番 増益率が市場予想よりも良く、かつ割安な銘柄
 2番 増益率が市場予想よりも良かったが、割高な銘柄
 3番 増益率が市場予想よりも悪かったが、割安な銘柄
 4番 増益率が市場予想よりも悪く、かつ割高な銘柄

という感じでしょうか。
決算発表時は割安度よりも増益率の方に目が行きがち
ですが、ただ、少し落ち着いてくれば、
「増益率が市場予想よりも悪かったが、割安な銘柄」が
見直されたり、一方で、
「増益率が市場予想よりも良かったが、割高な銘柄」が
買われ過ぎから売られたりするものです。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る割安株を推奨。
当サービスでは、”低PBR銘柄”もご紹介しています。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 

そして、ここに来て、海外から日本株に関する良いニュース
が2件入ってきています。1件目はゴールドマン・サックス証券
が26日のレポートで、
米国投資家の間で日本株の関心が高まっており、半年前
とは様相が一転し、日本株が再び脚光を浴びている」
とのこと、そして、2件目は英資産運用会社JO・ハンブロ・
キャピタル・マネジメントが、
日本株の配分を年初のゼロから中立に引き上げた
という話です。

そして、興味深いのは日本株に対する見方を変えた根拠が
同じだということです。
それは、「低PBR」に注目していることです。
直近の東証1部の平均PBRは1.09倍であり、また、1倍程割れの
中型株が多数あることに魅力を感じているということです。

このメルマガでも再三、割安度、特に低PBRが見直されて
いると述べましたが、東京市場で最も影響力の大きい
外国人投資家が低PBR銘柄に注目してくるとなると、これは
個人投資家には大変良いニュースです。なぜならば、
「増益率が高い」、「低PBR」、「中型株」という条件で
銘柄を探すのは比較的容易だからです。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト

スポンサーリンク