☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

13日(※2010年6月)、日本の小惑星探査機「はやぶさ」が
7年間の宇宙の探索を終えて地球に帰還しました。月以外の
天体に着陸した探査機が、地球に戻るのは世界で初の快挙
であり、宇宙大国である米国をも大いに刺激したそうです。

そして、ここで注目されるのは、このロケットに
「イオンエンジン」が使われたことです。
このエンジンは太陽光がエネルギー源であり、従来の化学燃料
式に比べて馬力は小さいが、小型でかつ少ない燃料で長時間
使用できるため、今回のようなケースでは最適だったのだと
思います。このエンジンはNECが開発したものであり、
日本の最先端技術の存在を世界に示した形となり、
久し振りにいい話でした。

ところで、6月第2週の投資主体別売買動向によると、
外国人投資家の売越額が8,561億円と過去3番目の額でした。
欧州の財政問題の拡大を懸念したヘッジファンドが日本株を
大量に売ったということでしょう。特に6月はヘッジファンド
の決算月だけに売りに拍車をかけたと思われます。一方で、
個人投資家は企業業績の回復を材料に1,497億円の買い越し
なりました。最近は個人投資家が主導する相場になっています。

◆バリューサーチ投資顧問 『生きた証券用語辞典』
株価を左右する用語、時事を毎日更新!
3行程度で、簡潔に解説しています。
2010年6月14日の新ワードは、「イオンエンジン」とは?↓
http://www.value-search.co.jp/fglossary/1026.htm
=======================================

そして、このような相場では逆張り投資よりも、順張り投資
方がよい結果が出ると言えるかもしれません。順張り投資
とは株価が上昇している局面で買うことを言いますが、
順張り投資が優位な理由は、個人投資家はどうしても
短期志向になる傾向が強いからです。それはそれで、
ひとつのやり方だと思います。

ただ、順張り投資と言っても株価が伸び切ったところを闇雲に
買うのでは高値掴みのリスクを抱えることになります。そこで、
上昇トレンドにある銘柄でも必ず、2~3日は押し目を作る場面
がありますので、そこを狙うのがよいと思います。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト

スポンサーリンク