☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

サッカーワールドカップで日本が決勝進出を果たしました
(※2010年6月26日現在)。
一方で、イタリアやフランスなどヨーロッパの強豪が
相次いで敗退、まさにサッカーはチームプレーということ
なのでしょうか。これからはひとつでも多く勝ち進んで、
元気のない日本に活を入れてもらいたいものです。

ところで、中国の賃上げを求めるストライキが拡大して
います。かつての日本でも経済の発展に伴い、また、
インフレの進行などもあり、賃金が上がり続けた時期が
ありました。従って、中国でもこの動きがある程度が続く
と思われますが、中国の安い人件費に依存してきた日本の
企業は戦略の見直しが迫られることになりそうです。

既に任天堂の社長は、
「中国で低コストのメリットが出る時代はいつかは終る、
調達戦略を見直す」と発言、また、ユニクロは、
「2012年までにバングラデシュなど中国以外の生産比率を
現状の倍の30%超にする」(以上、日本経済新聞)そうです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================

ただ、賃金が上がることは悪いことばかりではありません。
賃金上昇は購買力の増加に繋がります。また、
中国では賃上げだけでなく、経済の成長に伴い中間所得層が
徐々に増加していることも注目されます。中国の人口は
約13億人ですから、中間所得層の拡大はとてつもない人数を
意味します。
今や、中国は「世界の工場」から「世界の市場」に大きく
変貌しつつあるということです。

このような変化は、日本株の銘柄選びにもいくつかの
ヒントを与えています。
ひとつは競争力のある技術や商品が特段なく、新興国の
低賃金に依存してきた企業はこれからは難しいということ
です。一方で、ブランド力のある商品を持っている企業は
中国の中間所得層の拡大で大いに恩恵を受けるということです。
例えば、消費材やサービスなど、従来のいわゆる内需株に多い
と思います。不透明な相場ですが、このような銘柄が
物色される展開も予想されます。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト