FC2ブログ

内需株が外需株に変わる時代!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

サッカーワールドカップで日本が決勝進出を果たしました
(※2010年6月26日現在)。
一方で、イタリアやフランスなどヨーロッパの強豪が
相次いで敗退、まさにサッカーはチームプレーということ
なのでしょうか。これからはひとつでも多く勝ち進んで、
元気のない日本に活を入れてもらいたいものです。

ところで、中国の賃上げを求めるストライキが拡大して
います。かつての日本でも経済の発展に伴い、また、
インフレの進行などもあり、賃金が上がり続けた時期が
ありました。従って、中国でもこの動きがある程度が続く
と思われますが、中国の安い人件費に依存してきた日本の
企業は戦略の見直しが迫られることになりそうです。

既に任天堂の社長は、
「中国で低コストのメリットが出る時代はいつかは終る、
調達戦略を見直す」と発言、また、ユニクロは、
「2012年までにバングラデシュなど中国以外の生産比率を
現状の倍の30%超にする」(以上、日本経済新聞)そうです。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================

ただ、賃金が上がることは悪いことばかりではありません。
賃金上昇は購買力の増加に繋がります。また、
中国では賃上げだけでなく、経済の成長に伴い中間所得層が
徐々に増加していることも注目されます。中国の人口は
約13億人ですから、中間所得層の拡大はとてつもない人数を
意味します。
今や、中国は「世界の工場」から「世界の市場」に大きく
変貌しつつあるということです。

このような変化は、日本株の銘柄選びにもいくつかの
ヒントを与えています。
ひとつは競争力のある技術や商品が特段なく、新興国の
低賃金に依存してきた企業はこれからは難しいということ
です。一方で、ブランド力のある商品を持っている企業は
中国の中間所得層の拡大で大いに恩恵を受けるということです。
例えば、消費材やサービスなど、従来のいわゆる内需株に多い
と思います。不透明な相場ですが、このような銘柄が
物色される展開も予想されます。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース