FC2ブログ

味噌も糞も一緒の時こそチャンス!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近は暗いニュースが多いですが、今朝(※2010年7月19日)
の日本経済新聞で
「対中貿易 黒字化も」という明るい記事がありました。
今までの日中貿易は安価な中国製品の流入が中心でしたが、
中国の中間所得層が急拡大、高額な日本製品への需要
急増しており、大幅な対中貿易赤字は一変しつつあるいう内容です。
環境が落ち着けば、株式相場に反映される材料になるはずです。

さて、ここに来て、米国中心に景気の減速懸念が強まったことから、
リーマンショック前後に起きたある現象が再現しつつあります。
すなわち、低PBR、低PER銘柄ほど売られるという現象です。

景気後退期(現在は一時的な景気減速期)には各指標の元で
ある1株利益や1株純資産の数字に対する信頼性が希薄となり、
どうしても割安な銘柄ほど(=かなり売られた銘柄ほど)
業績面での不安が大きいと市場で受け止められがちです。
ところが超低PBR銘柄の中にも決してそうでない銘柄も結構
あります。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
<信用空売り型> 「今だ!空売り銘柄」を週1回配信。
当社の銘柄実績、「下落率ランキング」はこちら↓
http://value-search.co.jp/perform_s.htm
======================================= 

例えば、PBR0.35倍の加藤製作所(6390)です。
同社の2つの主要事業のうち、建設用クレーンの回復は鈍い
のですが、油圧シャベルは中国やそれ以外のアジア諸国で
需要が急回復しており、また、円高の影響も殆んどなく、
今期は11億円の経常黒字が見込まれています。
また、財務面も自己資本比率も44.5%と全く問題ありません。

確かに一部の中小不動産銘柄のように連続赤字で純資産が
毀損するとか、自己資本比率が極端に低く、財務面で大いに
問題ありという銘柄もあります。
ただ、「味噌も糞も一緒」とばかりに、全ての低PBR銘柄を
売り叩くのは異常な現象です。しかし、冷静に考えて見れば、
「味噌も糞も一緒」に売られた時こそチャンスであると言えます。

多少時間がかかるかもしれませんが、ここで業績面や財務面で
問題がない超低PBR銘柄を拾っておくのも、結果的には
効率的な投資になると思います。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース