FC2ブログ

今や、需給面のチェックは欠かせない!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

今朝の日本経済新聞(※2010年7月25日)で、第1四半期業績に
ついて明るいニュースがいくつかありました。
ひとつはメガバンクですが、第1四半期の最終利益はどうやら
金融危機前の水準に戻ったとのことです。市場ではメガバンク株
の影響が大きいだけに、まずは一安心というところでしょうか。

また、トヨタ自動車(7203)は1,000億円程度の営業利益を
確保した模様です。同社の今期予想は2,800億円ですから、
順調なスタートと言えます。そして、その要因のひとつが、
「円高などの影響を合理的に吸収した」ことです。現在の
円高で市場は大騒ぎしていますが、この部分は大いに注目される
ところです。

大分昔の話になりますが、1985年のプラザ合意により、
当時240円(=1ドル)だった円相場が、約1年間で150円まで円高に
なったことがありました。このような苦難を乗り越えてきている
日本企業は、殊のほかたくましくなっているということでしょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

ただ、メガバンク(大量のつなぎ売りが出ているみずほFGを
除く)もトヨタ自動車も信用取引面では一向に改善されず、
貸借倍率も10倍以上になっています。先高期待から個人投資家
が買い付けているのだと思いますが、相場全体が低調な中で、
うまく回転できず、買い残高だけが残っているという形になって
います。

現在の売買代金は1兆円強程度であり、市場のエネルギー不足
は否めません。
また、今後の上昇局面では大量の戻り売りも予想されます。
強気相場ではある程度の買い残高は全く問題がなかったのですが、
現在の銘柄選びでは、買い残高の水準や貸借倍率をよくチェック
してみることは欠かせないと思います。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース