☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

連日の猛暑の中でアルコール抜きビールが絶好調だそうです
(※2010年8月14日現在)。
キリンHD(2503)はアルコールを含まないビール風味飲料
「フリー」の年間販売目標を、年初予定から約20%増まで
引き上げたと発表しました。サッポロHD(2501)もアサヒ(2502)も
同様の商品が好調であり、需要の衰退しているビール業界ですが、
猛暑の追い風に思わぬ恩恵を受けています。

猛暑の追い風を受けているのはビール業界に止まらず、
森永乳業(2264)や明治HD(2269)などのアイスクリームメーカー
ダイキン(6367)や富士ゼネ(6755)などエアコンメーカー、また、
ビックカメラ(3048)やヤマダ電機(9831)など家電販売店なども
恩恵を受けています。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄」をご紹介!
10%上昇した時点でサービスは終了、最長で3ヶ月です。
お客様の買い付け予定金額に合わせた銘柄をご紹介!
サービスのご提供は電子メールまたはFAXで。サービス詳細↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

冷却グッズも盛況のようで、花王(4452)、ライオン(4912)
なども恩恵組のようです。また、猛暑の恩恵は涼を求めて、
どうしても入りたくなるコーヒーショップなどにも及んでおり、
一方で、暑くて外にも出たくない家籠りも多く、スーパーや
コンビ二などの売上げにも好影響があるようです。

最近は世界景気の先行き不安や円高などで暗いニュースばかり
ですが、今夏の猛暑は特需を生み出しており、景気に貢献して
いるのかもしれません。そして、市場でも猛暑関連銘柄
囃されています。相場全体が低迷している中で猛暑関連という
材料株は格好のターゲットなのでしょう。

ただ、ここで気を付けなければならないことは、まもなく猛暑
は終わり、猛暑関連銘柄の人気も一気に衰えるということです。
相場は決して後ろを振り向きません。従って、これらの銘柄に
対しては早めの対応が必要だと思います。そして、より積極的に
対応するならば、猛暑の材料以外に何もない割高株ならば
売り建てしても面白いかもしれません。

それでは、猛暑の中、お体に気をつけて!また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト

スポンサーリンク