FC2ブログ

今こそ、ロング・ショートにチャレンジ!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

東京市場がニューヨーク市場のコピー相場と
化してから大分経ちます(※2010年8月21日現在)。
一生懸命、個別銘柄の業績を分析しても
その効果は乏しく、ストレスが溜まる方も多い
かと思いますが、このような環境の時こそ、
ロング・ショート戦略(=ブルベア型)
最適な投資手法だと思います。

ロング・ショート戦略とは、
値上がりが期待できる銘柄を買い、同時に
値下がりが予想される銘柄を空売りすること
により、2銘柄の差額を狙う売買です。
今、この戦略をお奨めするのは以下の3つの理由
からです。
 
1.相場の先々が不透明であり、この手法ならば
  相場の先行きについてあれこれ考える必要がない。
2.今回の決算をみても、各企業の優勝劣敗が
  はっきり
してきている。
3.日本企業のディスクロージャーは大変しっかり
  しており、従って、銘柄分析がしやすい。

そして、この手法の特徴は、
売り銘柄、買い銘柄とも同業種から選ぶ
ということです。
その理由は、買い銘柄が下がり、
空売り銘柄が上がるという、いわゆる
「股裂き状態」を避けるためです。
同業種ならば、
上昇相場ではたとえ空売り銘柄が多少上昇しても、
買い銘柄が大きく上昇する、一方で、
下落相場ではたとえ買い銘柄が多少下落しても、
空売り銘柄が大きく下落する、ということで
リスクの最小化が図れるからです。

無論、
「買い銘柄が上昇、空売り銘柄が下落する」
のは理想ですが、この手法はあくまでも
リスクを最小化して2銘柄の差額を狙う
売買ですので、どのような相場になっても、
利益を出す
ことに主眼をおいています。

ロング・ショート戦略(=ブルベア型)は
大きな利益は追求するものではありませんが、
今のような不透明な時期でも、
比較的確実に利益を積み上げることが可能です。
是非一度、チャレンジしてみたらいかがでしょうか。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
相場の方向感がつかめず、相場が不透明なときに!
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、類似業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース