☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

皆さん、「BOP」という言葉をお聞きしたことがありますか。
BOPとは「Base of the Pyramid」の略で、世界の所得別人口構成
の中で、経済的なピラミッドの底辺を構成する最も収入が低い層
を指す言葉です。

このBOPに明確な定義はありませんが、国際金融公社(IFC)では
年間所得額が3,000ドル以下の層をBOP層と位置付けており、
世界で約40億人がこれに該当すると言われています。
これは世界の人口のなんと70%に当たります。

BOPビジネスとは、この層の生活水準や健康などの向上、また、
新たな雇用を生み出すことに貢献しながら収益を上げるものであり、
従来のCSR(企業の社会的責任)や慈善事業とは一線を画して
います。具体的には低所得層に安価な商品やサービスを提供したり、
また、買いやすいよう少量小分け販売したり、また、地元と共同で
生産の現地化を行ったりしています。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

既に欧米では具体的な取り組みが始まっていますが、それに
比べて日本企業の出遅れ感は否めないのが現状です。ただ、
遅かれは早かれ、日本企業もこの市場に参入せざるを得なくなると
思います。因みに、BOPビジネスに関するある中堅証券会社の
レポートによると、

「BOPの全体的な市場規模は約425兆円、地域的な規模で見ると
トップはアジア・中東地域の約294兆円であり、また、ビジネス別
市場で見みるとトップは食品分野の約246兆円であり、・・・。」
要するに、
地域的には「アジア・中東」が、分野的には「食品分野」
圧倒的に大きいということです。

地理的条件や技術力、少量小分け販売などのきめ細かなサービス、
どう見ても日本企業に大きなアドバンテージがありそうです。
業績面での即効的な効果は期待できないかもしれませんが、
いずれ株式市場でもテーマになると思います。
そこで、BOP関連銘柄をチェックしてみたらいかがですか。
住友化学(4005)、二プロ(8086)・・・。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト