FC2ブログ

円安に大きくブレると見るならば・・・?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

ヨーロッパではドイツ経済が好調ですが、その大きな
要因はユーロ安です。他のユーロ諸国の財政危機の
おかげで思わぬ恩恵があったということです。また、
あれこれ言っても、米国経済や中国経済がどうにか
もっているのもドル安やユーロ安に負うところが大きい
と思います。
一方で、外需依存度が大きい日本は15年ぶりの円高
苦しんでいます。

日本は世界でトップレベルの財政赤字があり、
内需の停滞によるデフレの進行、そして円高による
スパイラルな業績悪化懸念など、円が買われる理由が
分からないという投資家も多いと思います。
単なる消去法で買われているのか、貯蓄率の高さが
評価されているのか、それとも、
政策不在が世界から狙われているのか?いずれにせよ、
今後の円相場の動向が日本経済や企業業績に大きな
影響を与えるということだけは間違いないでしょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「生きた証券用語辞典」
株式投資にすぐに役立つ用語を毎日更新!
証券用語のみならず、株価に影響を及ぼすあらゆる事柄を
丁寧に解説!ニュースの見出し付きで、今週の経済ダイジェスト
としてもご覧いただけます。こちら↓
http://value-search.co.jp/fglossary.htm
=======================================

そこで、信頼できる為替ディーラー氏によると、
「大規模な介入を数回行ったということで、当面は
大きくドルを売りにくい。一方で、介入によるリバウンド
85~86円程度までだろう。この水準になれば、また
ドル売りが増えるからである。この辺りで相当
ドル売りポジション(残高)が溜まってくると予想され、
その後の相場はその規模によって大きく影響される。」
とのことです。

要するに、85~86円程度で大量のドル売り残高が蓄積
されると見るが、このドル売りが思惑どおり買い戻せるか
それとも踏み上げになるかで相場が決まるということです。
株式の空売り相場を想定すればその状況はおわかりになる
と思います。

もし、円安に大きくブレると考えるならば、
外需株の押し目を積極的に買うという戦略が一番効率的です。
特に、多くの銘柄が政策対応の打ち切りで下期以降業績
が落ち込むことが予想される中で、業績が落ち込まない外需株
が狙い目だと見ていますが、いかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース