FC2ブログ

最近上昇している銘柄とは?

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

海外で円高が進行していますが、わが国には通貨安競争の
回避など格好をつけている余裕はないはずです。
今週は政府による毅然とした為替市場への介入が期待されます
(※2010年10月11日現在)。

ところで、本日は日本カーバイド(4064)、アンリツ(6754)、
京浜急行電鉄(9006)
など最近の上昇銘柄を分析することで、
その要因をみたいと思います。

まず、日本カーバイドですが、今期は経常益を67.5%増まで
上方修正、約7倍の低PBRが評価されて急上昇しました。
アンリツは次世代携帯用の計測器需要が拡大、中国関連銘柄
として評価され、また、京浜急行電鉄は羽田のハブ空港化に
よる需要増を見込まれて買われています。

ただ、日本カーバイドのように好業績、低PBR銘柄は他にも
たくさんありますし、また、アンリツは材料があるとは言え、
PER46倍、PBR1.8倍、配当利回り0.75%と割安度から見れば
とても買える水準ではありません。同様に京浜急行電鉄も
羽田のハブ空港化でどのくらいの恩恵を受けるかわかりませんが、
PER61倍、PBR2.4倍、配当利回り0.77%と大変割高な状況です。
それでも株価は大幅上昇しました。なぜでしょうか。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<成功報酬型> 「渾身の1銘柄」をご紹介!
10%上昇した時点でサービスは終了、最長で3ヶ月です。
お客様のお買い付け予定金額に合わせた銘柄をご紹介!
サービスのご提供は電子メールまたはFAXで。サービス詳細↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

それは信用取組面が大変良いからです。その内容を見てみると、
■日本カーバイド(4064)・・・売り残1,133万株-買い残1,031万株
■アンリツ(6754)・・・売り残476万株-買い残233万株
■京浜急行電鉄(9006)・・・売り残292万株-買い残18万株
という状況です。

4月の高値期日到来で上値が重い銘柄が多い中だけに、
好取組銘柄が狙われているということでしょうか。ただ、
京浜急行電鉄が既に急落しているように
“逆日歩に買いなし”
という相場格言もあり、あまり根拠のない好取組銘柄は
要注意です。むしろ逆日歩がつく前の段階で、
“取り組みが徐々によくなりつつある銘柄”
が狙い目だと思います。
ただ、ファンダメンタルズがよいという条件が付きますが・・・。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース