以前、ある大手上場企業の経理部長さんと話していた時、
「運用会社や研究所の人って凄いですよね、私たち内部の者
でも分からないことを予想しちゃうんだから・・」
と言われたことがあります。
無論、皮肉を込めておっしゃったのですが、氏が指摘したのは、
ファンドマネジャーやアナリストが各企業の業績やその前提
になる主要商品の売行きなどを外部から予想できてしまうこと
が信じられない、ということでした。

確かに
企業業績を予測することは大変難しく
ファンドマネジャーやアナリストは
各企業の経理担当者やIR部署を尋ねたり
会社説明会に参加したりして、
その調査の基本を
当該企業からの情報収集
においています。
その上で、景気や同業他社の動向なども考慮し、
各企業の業績見通しを立てることになります。
いずれにせよ
アナリストの業績見通しの出発点
は、
各企業自らの予想数字になる
と考えてよいでしょう。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス
銘柄紹介型> 6ヶ月 31,500円  1年間 52,500円
契約時に、業種分散に配慮したポートフォリオ(5~6銘柄で構成)
をご提示。その後、継続的に週に1~3銘柄の割安株をご紹介。
当社では、推奨銘柄選択時に、企業に積極的にヒアリングを
行っています。

運用金額は不問です。サービスは電子メールでご提供。
ご希望の方には、売買タイミングの一助に「銘柄発掘ナビ」の
スクリーニング機能を無料サービス。詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
ある研究所のレポートによると、
アナリストの業績予想は、決算が近づくにつれ
企業側の業績予想に近づく傾向にある
ということでした。
そして、もう1点興味深かったのは、
会社側の予想に対してアナリストが追随する銘柄と
そうでない銘柄がある

ということでした。
これは、企業側の業績発表の癖を心得ているアナリストだから
出来ることでありますが、
彼らが追随しない銘柄については要注意
です。

先日もある倉庫会社が中間決算を発表しましたが、
経常利益が当初の会社予想よりも20%近く減益になったにも
かかわらず、半年後の本決算の予想数字は見直しておりません
でした。
そこで下期に何か秘策でもあるのかと
その会社にヒアリングしてみました
が、
秘策どころか、下期の方がもっと厳しくなるとの返答
でした。
情報開示の基本は迅速さと正確さ
であり、こんなやり方が許されるわけはなく、
土壇場で大幅減額修正されては投資家もたまったものでは
ありません。

これから四半期決算の発表が相次ぎますが、
数字の出し方が不自然だと感じましたら、
遠慮しないでIR部署に問い合わせて
みたらいかがでしょうか。

■当社の割安株判断の3つの特長です。こちら↓
http://www.value-search.co.jp/employment-wari.htm

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク