☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

本日(※2010年10月31日現在)は、決算発表に対する
市場の反応などを含めて、最近の株価の動きについて
特徴的なことを思うままに綴ってみました。

1.中間業績および通期予想を上方修正した銘柄でも、
  既に上昇している銘柄の反応は限定的である。
2.中間業績は上方修正、通期予想を据え置いた銘柄は、
  期待された銘柄ほど失望売りを誘うケースが多い。
3.通期予想を上方修正した銘柄でも買われるのは外国人
  投資家が狙う大型株か中型株である。小型株はどんなに
  好業績でもあまり反応しない。
4.下方修正した銘柄は、既に下落している銘柄はさほど
  下がらないが、織り込まれていない銘柄の下げはきつい。
  赤字転落した銘柄はどこまでも売られる。
5.PERが25倍以上の銘柄は増益率がかなり高くないといずれ
  売り対象になる。
6.PBRは指標として全く当てにならない。不動産や建設などの
  中小型株や消費者金融株はPBRが0.3倍前後の銘柄が多いが、
  むしろ信用リスク銘柄の刻印を押されたようなものである。
7.好取組銘柄も増益率にサプライズがなく、かつPERが25倍以上
  の銘柄は取り組みが悪化すると売られるケースが多い。
  まさに、逆日歩に買いなしである。
8.好業績銘柄でも買い残高が非常に多い銘柄は上値が重い。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、同業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

以上のような反応は相場の地合いが悪いことなのでしょう。
問題はこのような環境の中でどのように対応するかです。
無論、一番良い方法は全く動いていない(または下落している)
銘柄の中からサプライズ銘柄を探し出すことですが、
それも簡単なことではありません。そこで、

1.通期予想を上方修正した銘柄の押し目を狙う、地合いが好転
  すれば買い直される筈である。
2.今は不人気な好業績・超割安な小型株を先回りして買っておく。
3.リスクヘッジを兼ねて一部空売りを行う、その対象銘柄も多い。

などでしょうか。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト

スポンサーリンク