☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

日経平均が1万円大台を回復したことから、ここに来て、
やや相場全体に一服感が出てきています
(※2010年11月27日現在)。
目先的には1万円台を固める動きが想定され、年末にかけて
上値を追う動きになると見ています。なお、本日は今のような
時期における銘柄選びについて考えてみたいと思います。

実は最近の相場である特徴が出てきています。それは
バリュエーション(割安度)
を見直そうという動きです。
特に今までは殆んど無視されてきた「PBR」が注目されつつあり、
異常値に近い(PBR0.6倍以下)一部小型株に見直し買いが
入り始めています。

その典型がTBK(7277)です。同社はトラックやバス用
ブレーキのトップメーカーであり、PBR0.6倍、業績も好調で
今期経常益は前期比5.6倍、PERも6.3倍と超割安です。
なかなか地合いが合わず、長らく放置されていましたが、
やっと動きが出てきたという感じです。

◆バリューサーチ投資顧問では、「根拠ある割安株」を推奨!
割安株投資についての考え方がよく分かります。
割安株を探そう!10分間投資講座」こちら↓
http://www.value-search.co.jp/10minutes.asp
=======================================

いずれにせよ、銘柄選びの観点から言えば、PBRが注目される
ようになったことは、間違いなく良いことです。それはどなた
にもわかる客観的な数値だからです。
ただ、ここで気をつけるべきことは、PBRだけではなく、
合わせてPERや増益率もきちんとチェックするということです。
PBRがどんなに低くとも今期減益であったり、PERが高過ぎたり、
無論、経営不安(会社継続に疑義)があるような銘柄には
手を出すべきではないでしょう。

既存のスクリーニングソフトで、「PBR」と「PER」そして、
「今期増益率」の3つの項目に一定の条件を付けて検索すれば
候補銘柄がズラッと出てくるはずです。その中から外需株中心
にするとか、また増益率についても上方修正したものか、
それとも下方修正したものかなどをチェックしながら銘柄を
絞りこんでいけばいいと思います。

なお、主力株については、
「予想以上に上方修正した銘柄の押し目を狙う戦術」
でどうでしょうか。

それでは、また来週!

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト

スポンサーリンク