FC2ブログ

ガソリン車の普及率の方が遥かに大きい!

☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

最近の東京市場は海外投資家の買い越しが継続して
いますが(※2010年12月18日現在)、米国の景気回復
が予想以上に強く、それによって日本経済が最も恩恵
を受けると見ているからだと思います。

さて、本日は愛知機械工業(7263)を取り上げてみたい
と思います。同社は日産自動車系で小型エンジンと変速機
が主力であり、基本3指標(11月26日時点)は、
PER8.6倍、PBR0.45倍と超割安、今期増益率も11.5%と
好調です。

にも拘らず、株価は300円割れの水準でなかなか
動きませんでした。多分、その理由は、まもなく
ガソリン車の時代から電気自動車の時代に大きく変わる
ので、小型エンジンのこの会社もいずれ斜陽企業になると
投資家が判断しているためだろうと推測し、そこで、
同社のIR担当者にその辺の事情についてヒアリングして
みました。

1ヶ月分無料キャンペーン実施中!(2010年12月18日~31日)
バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
日経平均が1万円に乗せ、証券優遇税制も2年延長が決定するなど、
新年(2011年)の株式市場に期待が高まっています。そこで、
上記期間中にご入会のお客様に、ご契約期間を1ヶ月分無料サービス!
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 

IR担当者の話を要約すると、
「電気自動車の普及率は10年後で約10%と見ており、
新興国中心にガソリン自動車が拡大する余地はまだまだ
大きい。特に小型自動車は有望であり、当社の小型
エンジンの先行きは全く心配していない。また、
トランスミッションについては現在、ガソリン車の技術
を活用して電気自動車用を開発しており、将来、
電気自動車の時代になっても十分ビジネスチャンスはある」、
ということでした。

確かに冷静に考えてみれば、株式市場はいくら先を読む
と言っても、価格面や性能面を見れば、電気自動車が
短期間で飛躍的に普及するわけでもなく、世界規模で
見れば、新興国中心にガソリン車が普及する余地の方が
遥かに大きい
ということは十分理解できます。

新しい技術や商品に飛びつくのが株式市場の常ですが、
銘柄選びにおいては夢だけでなく、現実を直視すること
も大切だということです。
因みに、バリューサーチ投資顧問ではIR担当者の話を
確認した直後の11月26日に同銘柄を296円で推奨させて
いただきました(12月17日現在340円)。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース