☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

本日は大納会(※2010年12月30日)でしたが、ちょうど1年前
(2010.1.8号)に、「今年の主役は昨年の悪役銘柄か?」
というタイトルで以下の記事を掲載しました。

「年替わりで銘柄が変わることも多いのが株式相場の世界です。
昨年需給悪化から売り込まれた銘柄群の中から今年の主役が
出ることも十分考えられます。公募増資で3,000億円調達した
日立(6501)などはその候補のひとつかもしれません。鉄道と
原発は世界の大きなテーマであり、それ以外にも電気自動車、
スマートグリッドなど将来のテーマに事欠かない材料も
あります。日立が今年の主役になれるのか要注目です。」

掲載日の日立(6501)の株価は290円でした。そして、
1年後の本日の終値は433円でしたので、上昇率は49.3%でした。
この1年間、日経平均は小幅下落でしたので、日立は堂々たる
主役であったと言えましょう。

1ヶ月分無料キャンペーン実施中!(2010年12月18日~31日)
バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」<銘柄紹介型>
日経平均が1万円に乗せ、証券優遇税制も2年延長が決定するなど、
新年(2011年)の株式市場に期待が高まっています。そこで、
上記期間中にご入会のお客様に、ご契約期間を1ヶ月分無料サービス!
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
======================================= 
そして、本日の大納会の動きを見ても、英国高速鉄道
プロジェクト向けに新型車両の大型受注という材料があった
とは言え、日立の動きが最も良かったのは事実です。おそらく、
この日立が年初の相場を引っ張る銘柄になるのは間違いない
でしょう。ただ、日立がいつまでも主役の座に留まるとも
思えませんので、まもなく新たな年の主役が生まれて来るはず
です。

そして、経験則から言えば、1年の主役銘柄は
1月中に賑わいながら上昇する銘柄が候補になります。従って、
年初は銘柄選びのポイントになる時期と言えるのです。

それでは、1年間お付き合いいただきありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html



スポンサーサイト

スポンサーリンク