☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

新年(※2011年)明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、この時期は新年の相場見通しが多数出てきますが、
その内容はかなり主観的なものが多いのは事実です。
そこで、本日は昨年の相場を客観的な数値から振り返ることで、
今年の相場を予想してみたいと思います。

○日経平均株価     -3.01% 
  TOPIX(東証株価指数) -0.97%
○大型株  -1.28%  
  中型株  -1.12%  
  小型株  +2.02%
○バリュー株  +1.01% 
  グロース株 -2.29%

以上の基本的な数字だけを見てもかなりのことが
わかります。
1.TOPIXに比べて日経平均株価の下落率が大きい(NT倍率が低下)
  が、これはハイテク関連など値がさ株が低調だったことを
  表している。
2.規模別の動きで見ると、大型株が-1.28%であったのに対して、
  小型株は+2.02%と小型株が圧倒的に優位であった。
  これは時価総額が大きい銀行、証券、電力、自動車など低調
  だったことを表している。
3.スタイル別で見ると、バリュー株+1.01%であったのに対して、
  グロース株は-2.29%と対照的な動きだったが、これは成長性
  への懸念が拡がった中で、割高株が敬遠されたことを表している。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社 「投資助言サービス」
成功報酬型> 「渾身の1銘柄!」ご推奨
お客様の投資予定金額に見合った銘柄をご紹介。
銘柄選びは、割安度や業績、テクニカルから総合的に判断!
詳しくはこちら↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_back.htm
=======================================

以上の分析を踏まえ、今年の展開を予想して見ると、
・米国の景気回復でハイテク株など値がさ株の復活が考えられる
 ので、NT倍率が上昇する可能性が比較的高い。
・規模別については、銀行や証券株、自動車などの大型株
 見直される可能性があるが、成長性に限界のある電力や通信、
 電鉄株などは厳しい。
・スタイル別で見ると、日本株を買う背景は割安度や出遅れ感
 なので、引き続き、バリュー株が優位の展開が予想される。

このように物色の大きな流れを掴んでおくと効率的な銘柄選びが
できると思います。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク