☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

東証1部にユーシン(6985)という会社があります。
キーセットなど自動車用電装品が主力の会社であり、
近頃は社長公募で話題になった会社でもあります
(※2011年1月23日現在)。
この会社が1月14日に本決算を発表しましたが、
前期(10年11月期)は自動車メーカーの好調な輸出に
支えられ、経常益は約10倍増の56.4億円と大きく伸びました。
ところが、今期(11年11月期)の会社予想は45%減
31億円と大変厳しいものでした。

そして、その説明も、「次世代に向けた先行投資
積極的に行うため、利益は一時的に当年度を下回ります。」
という簡単なコメントだけでした。そこで、同社のIR部署に
詳細を伺ってみました。

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

まず最初に、「社長公募のようなことで話題を作るだけ
でなく、投資家向けの開示ももう少し丁寧にやるべき
ではないでしょうか。」と苦言を呈すると、担当者は
まさにご指摘のとおりですと恐縮至極でしたが、
いずれにせよ、説明内容は以下のようなものでした。

「今後、アジア中心に市場の急拡大が見込めるため、
中国とタイの工場施設の生産能力を2倍程度まで強化する。
また、設備だけでなく、VIPクラス中心に人材の強化も
一気に行う方針である。このことで減価償却費増やコスト増
になり、一時的に業績は落ち込むが、近い将来、
生産能力は飛躍的に拡大するはずである。」

この通りならば、決して悪材料でなく、まさに将来への
布石であり、積極的な経営施策として評価すべきだと
思います。ただ、表面の45%減益という数字だけみれば、
びっくりして投げる投資家も出るのは仕方がないところ
でしょう。実はここに投資のチャンスがあります。
数字の裏を読んだ投資家が勝つということです。

1月14日の高値788円から1週間で21.4%下落、
ユーシン(6985)の619円、じっくりと値上がりを待ちたい
投資家にとっては格好の銘柄ではないでしょうか。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト