☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

第3四半期の決算発表がピークを迎えつつ
あります(※2011年1月29日現在)。
各社の内容をチェックしてみると、
自動車関連や省力化投資関連、また化学会社
などが予想以上に好調のようです。一方、
国内にデフレ問題を抱えている中で、やはり
内需系企業が苦戦を強いられています。

ところで、日本経済新聞の投資・財務欄に
「決算トーク」という囲み記事があります。
決算発表時に各企業のトップが漏らした本音
が会話形式で掲載されているものですが、
実はこのトップのコメントが銘柄選びに
大変参考になることが多いのです。

予想数字は会社によってかなり保守的
(慎重に)に出すところもありますし、
強気の数字をぶち上げて、その後、平気で
下方修正を繰り返すところもあります。
従って、数字だけで判断できない部分も
あり、企業トップの本音のコメントは
数字を補完するものとして大切な材料と
言えます。

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

例えば、今週でもアンリツ(6754)の
担当役員氏は、足元の好業績は
「間違いなくスマートフォンの恩恵」、
「世界で通信の投資はまだ当面続きそう」
強気予想であり、CIJ(4826)の社長は、
「IT投資はなかなか戻らない」
弱気なのです。
ここで、既に上昇しているアンリツ株を
推奨するつもりはありませんが、IT関連
銘柄への投資は慎重にやった方がよいと
判断できるはずです。

昨年の中間決算発表時には、予想数字を
下方修正した日本合成化学(4201)の役員氏が、
「一時的な落ち込みであり、先行きは全く
心配していない」と強気の発言をしたと掲載
されましたが、その時も決算発表の翌日に
安値を付け、その後の2ヶ月強で45%の上昇
になっています。

銘柄選びは、業績や割安度などのファンダ
メンタルズを基本に、企業経営者のコメント
なども材料にして総合的に行うということ
です。
「決算トーク」、目を通してみたらいかがで
しょうか。

それでは、また来週!

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト