☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

福島原発事故の収束を目指して必死の作業が続いています。その中で、
政府と東京電力は計画停電の早期終結に向けて総合対策を打ち出す方針
であり、その目玉がLNGを燃料とするガスタービン発電設備の新設です。
既に東電は三菱重工(7011)や東芝(6502)、IHI(7013)などの重電メーカー
に対してヒアリングを始めたそうです。

これら対象会社にとって良い材料であることには間違いありませんが、ただ、
これらの会社は売上規模が膨大なことから、ガスタービン自体の売上比率
は相対的に小さく、直ちに業績面で効果が現れるかは疑問です。一方で、
業績面で大きなインパクトが期待できそうな会社もあります。実は3月6日の
当メルマガで取り上げたタクマ(6013)もそのひとつです。

タクマはごみ焼却施設以外にも、ガスタービンやバイオマス発電プラントなど
発電用途向け商品を手掛けているのです。特にガスタービンは、「産業用に
開発された高耐久性を有しており、年間8000時間以上の連続運転が可能」、
「発電端出力4~12MW までの豊富な品揃えがある 」そして、「CO2の削減
にも貢献、環境への負荷を低減できる」そうです。

今後、電力不足が深刻化する中で、このような産業用ガスタービンに対する
各企業の需要が急拡大してくることが容易に想像できます。主力のごみ焼却
施設が豊富な受注残高を抱えている中でさらなる特需と言えましょう。そして、
何よりも同社の売上規模は1,000億円程度と小さいだけにそのインパクトは
かなり大きいはずです。

3月6日にタクマについては、「世界のごみ関連の本命株」として見直されても
決して不思議ではないと書きましたが、さらに計画停電関連の大穴株という
ことになれば、勘のよい投資家なら大いに感じるものがあるはずです。しかも、
株価は200円台、来期の予想PERは7~8倍、復配は非常に有望です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html



スポンサーサイト