☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

2011年4月22日の以下のニュースに熱いものを感じた方も多かったのでは
ないでしょうか。

「天皇、皇后両陛下は被災地である茨城県北茨城市を訪問された。両陛下
の被災地訪問は千葉県旭市に続き2カ所目。大型連休前後には宮城、岩手、
福島の被災地を訪問する。・・・1人が行方不明になったと聞くと、岸壁で海に
向かって黙礼。その後、・・・52歳の女性が津波で亡くなったことを聞くと再び
黙礼した。両陛下はその後、避難所となっている市民体育館に移動。床に
両膝を突きながら、被災者を励ました。」

天皇、皇后両陛下のこのような行動には心からのやさしさや暖かさが感じら
れました。多分、天皇家2,700年強の歴史の中で、ここまで国民に愛情を注が
れる天皇、皇后は初めてではないかとも推測されます。

両陛下と比べて大変畏れ多いのですが、日頃口先ばかり達者な政治家は
なぜ、被災地に行かないのでしょうか。なぜ、東電の経営者達は福島原発
に行って陣頭指揮しないのでしょうか。本当に不思議です。

非常時になると平時には見えなかったものが色々と見えてきます。政治家の
行動力のなさ、国に守られている大企業のトップのひ弱さ、一方で、サプライ
チェーン
を形成している多数の中堅企業や零細企業の存在が大きくクローズ
アップされました。これはまさに日本の現状を如実に現したと言えます。

株式市場でも今回の震災をきっかけに何かが変わるような気がします。漠然
とした言い方ですが、企業の本当の力が問われるのだと思います。
国の支えがなくとも生きられる企業どんな危機でも対応できる企業
非常時には陣頭指揮できる経営者がいる企業・・・など等、
銘柄選びにもこのような観点からのチェックが必要になったということでしょう。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」<銘柄紹介型> 
2010年全推奨銘柄のパフォーマンス(上昇率)を公開!こちら↓
http://www.value-search.co.jp/performance.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト