☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

福島原発事故の収束作業が思わしくなく、最近の株式市場の重しになって
います。このような事態になると、水力発電などの代替エネルギーが取り
沙汰されますが、コスト面からそんなに単純な話でもありません。フランスの
ように原発依存度80%をというのは極端かも知れませんが、ある程度は原発
に頼らざるを得ないのが紛れもない現実なのです。

ただ、東京電力(9501)のように隠蔽体質の強い企業に任せるのはあまりにも
リスクが大きいということでしょう。株主には気の毒ですが、一時的に国有化
し、経営者を総入れ替えして、創業的な出直りを図るのが最善の方法のよう
に思います。

ところで、この東電株には値ごろ感から興味を持っている投資家も多いよう
ですが、値ごろ感から銘柄を選ぶことの怖さも知っておいた方がよいでしょう。
決算発表も終わり、今期予想外の減益のため大きく値を下げた銘柄もあり
ますが、これらの銘柄についても値ごろ感から買うという単純な発想ではなく、
やはり減益要因を分析してみることが大切です。分析といってもそんな難しい
ことではなく、決算短信の「次期の見通し」をよく読んでみることです。

例えば、河合楽器(7952)ですが、前期経常益は当初予想を16%強上回る
好決算でしたが、今期は38.5%の大幅減益予想となりました。そして、今期
の減益要因を「次期の見通し」欄からを見てみると、
1.楽器事業はインドネシアや中国での生産体制強化等の将来に向けた
先行費用を見込むため
2.教育関連事業は震災の影響が見込まれるため
3.素材加工事業は自動車関連事業への震災の影響が見込まれるため

要するに、同社の減益要因は2つあり、ひとつは新興国での将来の生産拡大
に向けた前向きな先行投資のため、もうひとつは震災の影響によるものです。
決して深刻な悪材料ではありません。このような銘柄はいずれ見直し買いが
入るはずです。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
割安度、業績、ファンダメンタルズから銘柄選択を
しています。
<銘柄紹介型>・・・「買い」銘柄のご紹介(週2銘柄)
<フルポート型>・・・「買い」「売却」のご指示をフルサポート(随時)
<成功報酬型>・・・「買い」銘柄のご紹介(1銘柄限定)
<信用空売り型>・・・「空売り」銘柄のご紹介(週1銘柄)
<ブルベア型>・・・「買い」「空売り」銘柄をセットでご紹介(週1ペア銘柄)
各サービス比較と料金表、よくあるご質問はこちら↓
http://www.value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト