☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

内閣不信任案を巡る民主党内のドタバタ劇にはあきれるばかりです。自民
党政権が長期化したことで積年の垢がたまり、一度は民主党にやらせてみ
ようと当時一票を投じた仲間も多数いましたが、一度任せた政権は最長4年
は替えられないと改めて知るに至り、ほぞを噛んでいるのが現状です。

当メルマガでは政党の問題には触れたくないのですが、ただ、株式相場と
いう観点から言えば、民主党政権下では本格的な上昇は期待できない
ということは間違いなさそうです。その理由は簡単で「成長戦略」がないから
です。「経済を成長させることで国民生活を豊かにする」という視点がなく、
国民の人気取りのバラマキ政策を優先、これはやがて財政の悪化を招き、
株式市場の足を引っ張るという構造です。

それにしても、昨今の政治家の人材不足は目を覆うばかりです。このよう
な事態を先見して、松下幸之助氏が政経塾を開設したのはさすがですが、
残念ながらまだ真のリーダーは生まれていません。ただ、このような政治
状況の中でも日本経済はしっかり動いています。政治さえまともになれば、
日本の底力をモットモット発揮できると思われるだけに残念でたまりません。

この際、国益という考えがしっかりしている石原都知事やパワフルな橋下
府知事あたりに日本を任せたほうがよいかもしれません。ただ、お二人とも
その可能性はほとんどゼロですが・・・。

さて、前置きが長くなりましたが、民主化という大問題を抱えているとは言え、
中国の政治家そして経済運営は日本の何倍も優れています。従って、中国
の景気減速は高成長の一過程であり、あまり心配することはないということ
です。ついでながら、米国の景気足踏みはガソリン高が大きな要因であり、
最近の原油価格下落でかなり解消するはずです。米中の経済鈍化で
売られた銘柄
の中から魅力的な銘柄を探してみたらいかがでしょうか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問株式会社が提供するサービス一覧
サービス概要料金表よくあるご質問はこちら↓
http://value-search.co.jp/Q&A.htm
=======================================

最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト