☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

2、3日前に大変興味深い新聞記事がありました(※2011年8月13日現在)。
今回のS&Pによる米国債の格下げは政治的な魂胆があったのではない
かという内容でした。わかりやすく言えば、大統領選を来年に控えて、
共和党によるオバマ潰しということです。

その真偽はともかく、米国は昔から政治力を使えば何でもできると考えて
いる国です。大分昔の話になりますが、1989年12月に日経平均は史上
最高値38,915円を付けて、10万円説まで飛び出し始めた矢先のことでし
た。米系証券会社の売り仕掛けにより、あっという間にバブルは破裂し、
日経平均は1年ほどで半値まで急落しました。当時は資産バブルを背景
に、日本の不動産会社がマンハッタンのビルまで買い占める勢いだった
だけに米国政府の逆鱗に触れたということでしょう。

ただ、悪知恵も政治家の知恵のうちなら、悪知恵のひとつも出ない日本の
政治家は一体なんなのでしょうか。このような政治家でよく日本がやって
いけるのか不思議なくらいですが、やはり、民間の製造業にはしっかりし
た経営者がいるからでしょう。その一人がコマツのトップです。12日のイン
タビュー記事によると、

・(政治はあてにならないから)民間でできることは民間でやる
・過当競争だからといって値下げ競争には加わらない
・技術を磨いて輸出競争力を高めるのは当然のこと
・犠牲にすべきところを犠牲にしなければ国際競争力は身につかない
・コストの一部を負担し、協力企業の賃上げを間接的に支援する
・アジアの成長を取り込めば果実は必ず日本に帰ってくる


と発言しており、状況分析と戦略の明確さ、そして企業としても暖かさが
伝わってきます。そのコマツ(6301)の株価は5月の高値(2,926円)から
31.5%下落して12日の終値は2,005円、PERは10倍です。買いたい時に
は買い余力がなしというのが常ですが、それにしても売られ過ぎとは思い
ませんか。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆当ブログ最新記事を無料メールマガジンで定期購読↓(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html


スポンサーサイト