☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

欧州の債務問題米国の巨額の財政赤字も、無論日本の財政赤字
も同様ですが、もうとっくの昔から深刻な問題と世界中が理解していた
はずです(※2011年8月20日現在)。それなのになぜここに来て、
世界の株価を急落させることになったのでしょうか。それは
米国経済の景気減速懸念が強くなってきたからです。

景気のテコ入れ策として財政政策金融政策がありますが、財政政策で
言えば、巨額の財政赤字を抱えた米国はもはや大量の国のお金を投入して
景気を刺激することができない、また、金融政策で言えば、これ以上の金融
緩和はインフレを招くからできない、要するに八方塞がりだといことです。
そこで、世界中が「大変だ!大変だ!」とあたかも世紀末を思わせるような
大騒ぎになっています。

しかし、よく考えてみれば、デフレ傾向の米国にとってインフレはそんなに
悪いことなのでしょうか。住宅価格や商業不動産価格の上昇は米国経済
に大変なインパクトになるはずです。但し、一方では余剰資金が商品の高騰
を招き、それがまた経済を悪化させる恐れがあるもの事実です。

そこで、市場崇拝主義がもはや破綻している以上、経済の足を引っ張るよう
投機的な動きを徹底的に排除すべきことを考えべきだと思います。お金の
流れを規制することは簡単ではありませんが、過去にも有効な規制で経済
を立ち直した例は多数あり、各国の踏み込んだ協調政策を期待したいもの
です。

ところで、先日、日立製作所と三菱重工が経営統合かというビッグニュース
が流れ、株式市場も色めき立ちました。その後、経営統合までいきたい日立
製作所と事業統合レベルで止めたい三菱重工とのスタンスの差が明らかに
なりましたが、今後は両社の経営スタンスの差が株価に明確に表れるはず
です。そこで、日立製作所(6501)を買って、三菱重工(7011)を空売りすると
いうロング・ショート戦略を手掛けるのも面白いかもしれません。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、同業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆バリューサーチ投資顧問 『生きた証券用語辞典』
週に数回、株価を左右する最新のキーワードを10秒で解説!
インフレ」とは?↓
http://www.value-search.co.jp/fglossary/1047.htm
今週の新ワードは、「経済政府」「金融取引税」「ユーロ共同債」 こちら↓
http://www.value-search.co.jp/fglossary.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html

スポンサーサイト

スポンサーリンク