☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

以下は直近高値をつけた2011年7月8日から9月16日までの各指標の動きです。
これらの数字は今後の相場を占う上でかなり重要なことを示唆しています。
===========================================
(1)TOPIX   -12.15%
  日経平均  -12.56%
-------------------------------------
(2)規模別(大型・中型・小型)の動向
上昇率 1位 -5.10%  小型株
  〃 2位 -8.83%  中型株
  〃 3位 -14.75%  大型株
-------------------------------------
(3)業種別の動向
上昇率 1位 -0.98% 運輸・物流
  〃 2位 -2.05% 食品
  〃 3位 -2.76% 医薬品
  〃 4位 -2.79% 小売
  〃 5位 -4.86% 電力・ガス
--------------------------------
下落率 1位 -20.77% 機械 
  〃 2位 -19.56% 自動車・輸送機
  〃 3位 -19.51% 金融(除く銀行)
  〃 4位 -18.77% 電機・精密
  〃 5位 -15.17% エネルギー資源
--------------------------------

以上見てのとおり、TOPIXも日経平均もほぼ同様の下落率ですが、
1.規模別で見ると、小型株に比べて大型株の下落率が圧倒的に大きい
2.業種別で見ると、内需株に比べて外需株の下落率が圧倒的に大きい
ということがはっきりと数字で表れています。

その理由は、欧州財政不安や米欧、中国などの景気減速懸念から外国人
投資家
が大幅に日本株を売り越したということです。従って、外国人投資家
の保有比率が高い銘柄、すなわち、景気敏感株流動性の高い大型株
下落率がメチャクチャ高いということです。銘柄によっては何でここまで
売られるのかと不思議に思われるものもかなりあります。

しかしながら、外国人投資家の売りが永続的に続くわけでもなく、いずれ
近いうちにリターンリバーサルの動きが出てくるはずです。買いチャンスと
思いながら銘柄選択が難しいと思っている投資家も多いと思いますが、ここ
は大幅に売られた外需系の主力大型株を買うチャンスということではない
でしょうか。
 
それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<銘柄紹介型> 3ヶ月  6ヶ月  1年間
毎週月曜日、「ズバリ!2銘柄」配信!メールまたはFAXもOK!
3ヶ月程度で十分な値上がりが期待出来る銘柄を推奨。
ご入会次第、直近の推奨銘柄を即配信!↓
http://www.value-search.co.jp/admission_t_300_intr.htm
全推奨銘柄の実績
http://value-search.co.jp/performance.htm
======================================= 

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★ご登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html




スポンサーサイト