☆提供: バリューサーチ投資顧問 【公式サイトはこちらから】

株価を決める要素はファンダメンタルズ50%、需給関係30%、材料20%
と言われています。そして、最近の相場を見ると、ファンダメンタルズに
ついては、業績面はともかく、割安度はほとんど無視されている状況です。
東証1部の平均PBRが1倍割れになっても株価の下値支えになる気配は
全くありません。また、このような時は材料株が物色されるケースが多い
のですが、残念ながらそのような動きもありません。

売買代金が一時は8,000億円割れになるなど、市場エネルギーが異常な
ほど低水準
になっていますが、このような中では需給関係が株価に最も
インパクトを与える要素になっています。

例えば、川崎重工(7012)は精密機械事業やプラント事業、空宇宙事業が
堅調、円高がマイナス要因とはいえ、経常益5.8%増を確保、PERが10倍
割れにも拘らず、今年の高値から半値(185円)まで下がっているのです。
なぜか?答えは信用取引の取り組みが悪いからです。売り残高175万株、
買い残高2,531万株、信用倍率14.5倍とかなりの買い長になっています。

一方で、例えば、サンリオ(8136)は海外でライセンス収入が伸びるなど
経常益26.2%増と業績は好調、またMSCI指数の新規採用などの好材料
はあるにせよ、この急落相場で逆行高、現在はPBR13倍まで買われて
いるにも拘らず、依然高値(4,005円)を維持しています。なぜか?答えは
信用取引の取り組みが良いからです。売り残高156万株、買い残高57万
株、信用倍率0.37倍と売り長の状態です。

以上は一例ですが、最近の株価は信用取引の取組状況によって大きな
影響を受けています。ただ、やがていや応なしに、買い方が投げさせられ、
売り方が踏ませられることになりますので、これからの投資戦略としては
買い方の投売りで下落した銘柄を買い、反対に売り方の踏み上げで上昇
した銘柄を売る
のがよいと思います。取り込み相場はいずれ終わるから
です。

それでは、また来週!

◆バリューサーチ投資顧問 「投資助言サービス」
<ブルベア型> 相場変動リスクを避けたい方に最適!
週1回、同業種の「買いと空売り」のペア銘柄を1セットご紹介!
ブルベアとは何?Q&Aはこちら↓
http://value-search.co.jp/bb_qa.html
<ブルベア型>サービス詳細はこちら↓
http://value-search.co.jp/admission_t_300_bb.htm
=======================================

◆最新記事をメールマガジンで無料定期購読(週1回~随時発行)
 ・実践に即した株式投資・銘柄選択のノウハウが身に付きます。
 ・時には、バリューサーチ投資顧問「一押しの」推奨銘柄をご紹介!
 ・週1回、毎週末(休日)に無料配信。
 ・バリューサーチ投資顧問の会員でなくとも、どなたでも無料購読頂けます。
★無料メルマガ会員登録はこちら★↓
  http://www.mag2.com/m/0000147754.html
スポンサーサイト