FC2ブログ

☆第2回 投資講座のテーマ ~その海外ツアーはお得ですか?~

前回は
ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析
の両者を併用した上で、更に
割安度
の要素を加えると
大変効率的な銘柄選択ができる
とお話しました。
今回は、
割安とは何か
をもう一度整理しておきたいと思います。

例えば、同一の商品が2つあり、値段が違う場合、
安い方を「割安」と言うでしょうか。
この場合は、
割安ではなく単に価格が安い
ということです。
割安
という言葉を辞書で引いてみますと、
品質や分量の割に安価であること
とあります。

今、株式を離れて、「割安」ということを身近にイメージ
していただくため、海外ツアーの選択を例として考えて
みましょう。
たくさんのパンフレットを詳細に調べ、
お得
と判断されるツアーを探された経験を多くの方がお持ち
ではないでしょうか?

◆バリューサーチ投資顧問株式会社ホーム
http://value-search.co.jp/
=======================================
同じハワイに行くにしても、宿泊するホテルのグレード、
食事の内容、航空会社、到着時間、現地での観光コース等
によって、たくさんの商品があります。
そして、商品間の価格差も大きなものになっています。
決して価格の高安だけではなく、
サービスの内容と質を十分考慮して、
お得
と判断する商品を選ぶはずです。
この「お得」が「割安のイメージ
に通じるものと考えてよいでしょう。

株式投資においても、
いくつかの基準を用いて株価の位置を測り
いわゆる
お得な銘柄を選択
していくことが、
大変有効な方法
なのです。
そして、
この
お得な銘柄
こそ
割安銘柄
ということになります。
そして、
お得を計る基準

割安指標
であり、
お得の程度を示す尺度

割安度
ということになります。

割安度」を活用する最大のメリットは、
たくさんの銘柄を客観的かつ容易に比較し、検討できる
というところにあります。
割安度順に銘柄を並べ替えて整理することも出来る
ということです。
このことにより、業績やニュースだけに依存した方法に
比較して、
銘柄選択の効率性は格段に向上する
のです。

さて次回は、
割安度を測る基準
について詳しくお話ししましょう。

⇒つづきます ☆第3回 投資講座のテーマ ~パートナー選びは現在の預金高?将来の稼ぎ?~



バリューサーチ投資顧問のメディア掲載履歴
当社では、ブルームバーグニュース、
米ワシントンポスト紙、日経CNBCなど、
世界的な経済メディアより取材を受け、
話題の企業ニュースに関する見解・コメントを
提供しております。

◆このブログをメールマガジンでリアルタイムに定期購読↓
http://value-search.co.jp/education.htm

スポンサーサイト



プロフィール

バリューサーチ投資顧問株式会社

Author:バリューサーチ投資顧問株式会社



「投資助言サービス」 「金融商品仲介サービス」をご提供。
○金融商品取引業者…関東財務局長(金商)第966号
○金融商品仲介業者…関東財務局長(金仲)第304号


無料メルマガ登録
⇒当ブログをメールマガジンで無料購読する(週1回週末配信)


★推奨銘柄のパフォーマンスは
こちら【過去11年間の全実績】


メディア掲載・出演履歴
米ワシントンポスト紙、ブルームバーグニュース、ロイター、日本経済新聞など多数!


おすすめ銘柄の配信履歴
推奨銘柄の配信は、
・買いの<銘柄紹介型>、
・空売りの<信用空売り型>、
・買い&空売りの<ブルベア型>、
・売買指示有の<フルサポート型>、などタイプ別5種類の「投資助言サービス」をご用意!


★バリューサーチ投資顧問が随時更新!投資のヒントとなる最新のキーワードが満載です。
『生きた証券用語辞典』


★免責事項★
当ブログは株式に関する情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。投資の最終的な決定はご自身で行いますようお願いいたします。


また、情報に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づき被った損害については当社では一切の責任を負いませんのでご注意ください。


バリューサーチ投資顧問へのお問い合わせフォーム




カテゴリー

全記事表示リンク

過去ログ

ロイター 最新ニュース